このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-01025
事例作成日
(Creation date)
2010.03.02登録日時
(Registration date)
2011年04月12日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年04月12日 02時03分
質問
(Question)
旧安田町(現阿賀野市)の瀬寄神社の読み方を教えてほしい。「せより」と読むのか「せき」と読むのか。資料によってふりがなが異なるようだ。
回答
(Answer)
(6),(7)の資料から地名が「せき」である点、及び地元の郷土史家の回答により「せき神社である」と回答する
回答プロセス
(Answering process)
当該資料は次の2点。
(1)『新潟県伝説の旅』(BSN新潟放送編 新潟日報事業社 1987)P.31
「せき」のふりがなあり。
(2)『日本の伝説41 越後の伝説』(小山直嗣 村山富士子 角川書店 1979)P.112
旧安田町六野瀬地区「瀬寄神社」の人柱伝説の部分で「せより」とふりがなあり。

次の資料にはふりがなは見当たらなかった。
(3)「新潟県地名考」(五十嵐秀太郎 恒文社 1995)
(4)『日本歴史地名体系15 新潟県の地名』(平凡社 1995)
インターネットで検索するが、ふりがな表記があるものはなかった。
人柱伝説があるところから調べていくと
(5)『にいがたの怪談』(駒形? 新潟日報事業社 2004)
P.115 神社名に「せき」とふりがなあり。
(6)『越佐の地名』(新潟県地名研究会 2007)第7号
P.74~79 「六野瀬の伝説と地名の由来」(廣田康也)に、地名として「せき」のふりがなあり。
また安田町史を調べると
(7)『安田町史 近世編四」(安田町 2004)第7章地名の項を調べていくと、P.385 瀬寄脇、瀬寄に「せき」のふりがなあり。
(6)(7)から神社名も「せき」と考えられる。
確認のため、阿賀野市教育委員会生涯学習課に問い合わせるが、「調べて返答する」といわれたまま音沙汰なし。
(6)の著者に問い合わせると、地元では「せきじんじゃ」とよんでいるとのことであった。なお著者は安田町史の編纂にも携わっていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
安田町
六野瀬
瀬寄
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
機関・団体他
登録番号
(Registration number)
1000084930解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!