このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084177
提供館
(Library)
昭和女子大学図書館 (3310028)管理番号
(Control number)
H19-45
事例作成日
(Creation date)
2008/01/31登録日時
(Registration date)
2011年04月01日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年04月01日 02時03分
質問
(Question)
「なんの掛も構ひもなき猫にまで渋口の、茶の間~」の渋口の注に『「渋」の縁で「茶の間」を引き出す』とあったが、どのような茶の間なのか知りたい。
回答
(Answer)
現代語訳を読んでみると、「渋口」は「茶の間」にかかっている訳ではなく、響きとして「茶の間」を引き出しているだけであり、修飾的な意味は持っていないと思われる。(完訳日本の古典 第56巻 近松門左衛門集 森修, 鳥越文蔵校注・訳 小学館 1984<本学請求記号 918/Kan/56>)
昭和27年11月に歌舞伎座で上演された「大経師昔暦」の舞台で作られた茶の間が以下の資料にあった。近松門左衛門集 2巻 東京創元社 1973 P229 <本学請求記号 912.5/Mei/21>
回答プロセス
(Answering process)
1.当該文を確認する。
新編日本古典文学全集75 近松門左衛門集2 鳥越文蔵他校注・訳 小学館 1998<本学請求記号918/Shi/75 >P.533 6行目に「~猫にまで渋口の、茶の間、中の間すみずみ見回し~」とあり。渋口の(注)37を見る。P.534(注)37 『苦言。「渋」の縁で「茶」の間を引き出す』とあり。
2.辞典で「渋口」「茶の間」を確認する。
渋口 →『苦言。皮肉。悪口。(中略)※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)上「なんのかけもかまひもなきねこに迄しぶ口の、茶の間の中間すみずみ見回し」』(後略) 日本国語大辞典6巻 日本国語大辞典第二版編集委員会,小学館国語辞典編集部編 第2版 小学館 2000-2002 <本学請求記号 R813.1/Nih/6>
→皮肉な口をきくこと。苦言。 浄・大経師「何の掛けも構ひもなき猫にまで-の」 広辞苑 新村出編 第4版 岩波書店 1991 <本学請求記号 R813.1/Shi>
→皮肉や苦言を言うこと。「何のかけもかまひもなき猫にまで、-」[近松・大経師・上] 新明解古語辞典 第3版 金田一春彦他編 三省堂 1995 <本学請求記号 R813.6/Kin>
3.OPAC検索 キーワード「大経師昔暦」 →9件ヒット 回答の図書2冊を発見
4.CiNii検索 キーワード「大経師昔暦」 →19件ヒット そのうち1件に「家」の記述あり
5.CiNiiの1件について詳細を確認。 小森啓助『大経師昔暦』における「家」(特集・日本の「家」の諸相) 社会科学 5(1)P170~195 1974 (同志社大学人文科学研究所) 
CiNiiにて全文表示不可 同志社大学学術リポジトリより『社会科学』は全文公開。1974年は16号。該当論文を確認。( http://elib.doshisha.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_bookview.cgi/U_CHARSET.utf-8/BD00008082/Body/007000160005.pdf )(アクセス2007.7.18) 残念ながら茶の間や間取りについての記載はなし。
6.NDL貴重書画像データベース検索 キーワード「大経師昔暦」 →「大阪錦絵」に「大経師昔暦」の画像はあるが茶の間はなし。 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
戯曲  (912 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
大経師昔暦
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000084177解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!