このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000084148
提供館
(Library)
昭和女子大学図書館 (3310028)管理番号
(Control number)
H19-16
事例作成日
(Creation date)
2007/12/06登録日時
(Registration date)
2011年04月01日 02時03分更新日時
(Last update)
2011年04月01日 02時03分
質問
(Question)
①明治25年ごろの都心部(日本橋の裏通り辺り)の家の値段は千円ぐらいと言われているそうだが、その大きさはどれくらいだったか?
②文政から天保(1820~1840年頃)にかけての、都心部の家の値段と大きさはどれぐらいだったか?
 ①と比較したいので、できれば同じ場所が望ましい。(土地なしで、家屋のみの値段)
回答
(Answer)
①明治初期はほとんどが借家であり、どこであれ家を建てることは上流層ができることであった。
 明治20年代の和洋館並列型住宅で、1550円のものが約30坪である。
②江戸時代の地主は100坪~250坪の土地を1500~4000両で購入し、そこに様々な家を建てて貸出した。
 地主自体の家は13~15間間口の二階建てであった。
回答プロセス
(Answering process)
①について
・値段史年表 明治・大正・昭和 週刊朝日編 朝日新聞社 1988 <本学請求記号 337.8/Shu>
 →P.198に家賃の移り変わりについて記載あり
・本学蔵書検索にてキーワード"家賃""家""明治""値段""物価"などで検索→有用な文献ヒットせず
・書架(NDC383.9)をブラウジング
 日本住居史 小沢朝江,水沼淑子著 吉川弘文館 2006 <本学請求記号 383.9/Oza>
 →P.298に明治40年ごろ、大阪で二階建て30坪が1800~2500円だったことがわかる
・書架(NDC521、523.1など)をブラウジング
 図説 近代日本住宅史 内田青蔵等著 鹿島出版会 2001 <本学請求記号 521.85/Uch>
 →P.36に明治20年代の住宅、建築費1550円の図あり
②について
・本学蔵書検索にてキーワード"江戸 住宅"で検索→7件ヒット
 江戸住宅事情 東京都編 東京都 1990 <本学請求記号 213.6/Tok/34>
 →P.1-21に日本橋の江戸期の住宅事情あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
家賃
明治
値段
物価
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教職員
登録番号
(Registration number)
1000084148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!