このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000151262
提供館
(Library)
東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 (5400002)管理番号
(Control number)
A0005
事例作成日
(Creation date)
2009年10月13日登録日時
(Registration date)
2014年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年04月19日 12時26分
質問
(Question)
「命」にかかわる本を一人1冊読み、レポートを書かせたいので、対象となる本を集めてほしい。(中学校2年国語の授業)
回答
(Answer)
1学年160名の生徒に対して、他の付属校・公立図書館に協力をいただき、200冊ほどの書籍を用意した。その際、小説のみに偏らず、さまざまな分類から集めるようにした。ダンボールに入れてカウンター内におき、授業時に貸し出した。

『生きるヒント1』(角川文庫)  
五木寛之 著 角川書店 1994年                      
「自分の人生を愛するための12章」の副題どおり、「歓ぶ」「惑う」「喋る」「知る」など、12のテーマについて書かれたエッセイ集。その中の「想う」が教科書に掲載されていたため、全文を読んでみようという生徒が多かった。人はみな、生まれる場所も、行き着く先も、生きている期間も選ぶことは出来ない。死に向かって進んででいくのだということを若いうちから知って、「死を想って」生きてゆくべきだということを、平易な言葉で書き記した本。

『ぼくは13歳 職業、兵士。』 
鬼丸昌也+小川信吾 著 合同出版 2005年 
紛争地域で無理やり連れ去られ、武器を持たされて兵士として戦わされる子ども兵が、今現在も世界には存在しています。運良く逃げることができても、心の傷やまわりの無理解などから普通の生活が送れない子どもたちも。親しい人が殺されたり、自分が人を殺したり、日本の子どもたちが想像もできないことが現実に起きていることを知るだけでも、違った目で命について思いをはせられるのではないでしょうか。

『1リットルの涙  難病と闘い続ける少女亜也の日記 』(幻冬舎文庫) 
木藤亜也 著 幻冬舎 
15歳の夏に脊髄小脳変性症を発病し、25歳で亡くなるまでの木藤亜也さんの日記を編集したもの。自分たちと年の近いことや、ドラマ化もされたこと、多くの学校から送られて冊数が豊富だったこともあり、この本を取り上げる生徒が多かった。プロの文筆家の手によるものではない、決して上手とも言えない文章が逆に心を打つ。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369)
評論.エッセイ.随筆  (914)
記録.手記.ルポルタージュ  (916)
参考資料
(Reference materials)
五木寛之 著. 生きるヒント1. 角川書店. 1994年
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025005271-00 , ISBN 9784054058767
鬼丸昌也+小川信吾 著. ぼくは13歳 職業、兵士。. 合同出版. 2005年 
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008007917-00 , ISBN 4772600361
木藤亜也 著. 1リットルの涙  難病と闘い続ける少女亜也の日記. 幻冬舎. 2005年 
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008213734-00 , ISBN 4344406109
キーワード
(Keywords)
生き方
国語教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
東京学芸大学「先生のための授業に役立つ学校図書館活用データベース」
A0005 中学校2年国語事例
上記リンク先には、ブックリスト 掲載。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000151262解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!