このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000148565
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2013-44
事例作成日
(Creation date)
2013年11月15日登録日時
(Registration date)
2014年01月29日 10時20分更新日時
(Last update)
2016年03月03日 15時05分
質問
(Question)
尾崎士郎著“関ヶ原350年祭”の初出が知りたい
 ※昭和25年~昭和26年ごろと思われる尾崎士郎によるエッセイ
  本文は関ヶ原の記事を集めた資料に収録されているとのこと(タイトル不明)
回答
(Answer)
尾崎士郎著”関ヶ原350年祭”は
『東西英雄論』(尾崎士郎 著 小説朝日社 1953) p.57-に掲載されている。

初出については確認できなかった。(詳しくは回答プロセス参照のこと)
回答プロセス
(Answering process)
1.関ヶ原350年祭について
  1-1.【★1】国立国会図書館デジタル資料館より
      『東西英雄論』(尾崎士郎 著 小説朝日社 1953)※目次のみ閲覧可
p.57- 關ケ原三百五十年祭

  1-2.【★2】『尾崎士郎と僕たち』
p.546“追放解除になったのは・・・・昭和二五年十月で十三日附けの新聞・・・・中部日本新聞主催の
  関ヶ原350年祭行事に参列のため旅行中・・・・“とある。

※上記よりこの記事は昭和二五年十月以降に掲載されたと推察される。
  1-3.Web上から情報 
    【★3】尾崎士郎記念館 
第11回「関ヶ原と士郎さんの好きな武将」
http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/8,14915,c,html/14915/20110811-170502.pdf
→「関ヶ原350年祭」直筆メモが掲載されているが、その他の情報は得られなかった

2.雑誌記事索引より文献情報を探す
キーワード:関ヶ原、尾崎士郎など
  2-1.【★4】ざっさくプラスより
<当館未所蔵>
      論  題:《縦に見た卅八度線》関ヶ原
      著 者:尾崎士郎
      掲載資料:昭和27年(1952年),改造,増刊号9月(33-13)

<当館未所蔵>
      論  題:関ヶ原百里
      著 者:尾崎士郎
      掲載資料:1953年04月,別冊文芸春秋,33

       
  2-2.【★5】マガジンプラス(重複してヒットした文献は除く)
     <当館未所蔵>
      論  題:関ヶ原夜あけ《読切百枚》      
      著 者:尾崎士郎
  掲載資料:文芸朝日 2(4) 1963.04 p.18-41

3.<その他の情報:【★1】より>
  『特集人物往来. 1(1)』(人物往来社, 1956-05)
目次:戰国時代の叛骨の武将:骨隆々!風雲を望み戦場を駆ける驍将の面目を描く / 尾崎士郎 ​
  『特集人物往来. 1(6)』(人物往来社, 1956-10)
目次:関ヶ原決戦・運命の四時間半僅か数時間で決定された史上最大の決闘と歴史の明暗を探る / 尾崎士郎
  『特集人物往来. 4(1)』 (人物往来社, 1959-01)
目次:士郎史談 直江山城守上杉家の家宰直江は石田三成と結んで関ケ原に悲愴な運を賭ける / 尾崎士郎 ​
  『日本山岳風土記. 第7 (近畿の山々) 』長尾宏也 等編 (宝文館, 1960)
目次:関ヶ原紀行 尾崎士郎 ​

<有力情報なし>
データベース「大宅壮一文庫雑誌記事索引Web版」
データベース「NDL-OPAC 雑誌記事索引」※bの文献収録
『戦後雑誌目次総覧 : 政治・経済・社会』※aの文献掲載
読売新聞記事検索“ヨミダス歴史館”
※1906年に関ヶ原300年祭が行われていた記事のみ
  1949.12.10 [広告]関ヶ原/暁書房 朝刊
朝日新聞記事検索“聞蔵Ⅱビジュアル”
※1906年に関ヶ原300年祭が行われていた記事のみ
『文藝年鑑』1950年版
『文藝年鑑』1951年版
『文藝年鑑』1952年版

出版から調べる
『東西英雄論』が“小説朝日社”から発行されていることから雑誌『小説朝日』総目次を確認
  総目次:小嶋洋輔”【史料紹介】「小説朝日」-中間小説誌総目次”
 「千葉大学人文社会科学研究」27 p.1-21(千葉大学学術成果リポジトリよりWeb上で閲覧可能)
→上記には尾崎士郎による“関ヶ原”に関すると思われる文献は確認できなかった



Web最終確認日:2013/11/18
以上
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
評論.エッセイ.随筆  (914 9版)
参考資料
(Reference materials)
【★1】『国立国会図書館デジタル化資料』< http://dl.ndl.go.jp/ > (国立国会図書館で収集・集積されているデジタル化資料を検索・閲覧できるサービス)
【★2】影山正治 著. 尾崎士郎と僕たち. 大東塾出版部, 1974.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001264726-00  (当館請求記号:910268/O96-6)
【★3】尾崎士郎記念館 http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/9,14915,94,530,html (愛知県西尾市にある資料館のホームページ)
【★4】契約DB『ざっさくプラス』 (雑誌記事索引集成DB。明治初期から現在まで、全国誌から地方で発行された雑誌が検索可能。)
【★5】契約DB『Magazine Plus』 (一般誌から専門誌、大学紀要、海外誌紙まで収録した雑誌記事(書誌)データベース)
キーワード
(Keywords)
関ヶ原
350年
関ヶ原350年祭
尾崎士郎
小説朝日
中日新聞
中部日本新聞
東西英雄論
エッセイ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
記事
質問者区分
(Category of questioner)
教員
登録番号
(Registration number)
1000148565解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!