このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206441
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000030882
事例作成日
(Creation date)
2016/12/09登録日時
(Registration date)
2017年01月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2017年01月16日 11時44分
質問
(Question)
曽根西町、南町はそれぞれ「にしまち」、「みなみまち」と読むのに、東町だけはなぜ「ひがしのちょう」と読むのか。
回答
(Answer)
曽根東町だけ「ひがしのちょう」と読むのかが分かる資料は見当たらす。
回答プロセス
(Answering process)
『大阪府地名大辞典』(角川書店)p.1590にヨミは「そねひがしのちょう」とあるが、理由は記載なし。
『大阪府の地名Ⅰ』(平凡社)p.271には「東(ひがし)町」「曾根東(そねひがし)町」とあり、「まち」か「ちょう」かは不明。
『住居表示概要』(豊中市土木部管理課1978)見ると、p.13「町の正しい使方」として町をチョウと読むものとして、「曽根東町」、町をマチと読むものとして、「曽根西町」「曽根南町」が記載されている。理由は書いていない。
当時の広報紙に何か記載があるのではないかと考えて探したところ、
『豊中市政だより』(昭和31年8月10発行)に「八月一日から町名改称と地番の更正」という記事あり。ここには、新町名として「曾根東町(そねひがしのちょう)」「曾根西町(そねにしのちょう)」とあった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
曽根(ソネ)
地名(チメイ)
読み(ヨミ)
読み方(ヨミカタ)
曽根東町(ソネ ヒガシノチョウ)
豊中(トヨナカ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000206441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!