このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250365
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000043402
事例作成日
(Creation date)
2018/10/24登録日時
(Registration date)
2019年01月19日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年01月30日 11時20分
質問
(Question)
豊能自然歩道について載っている資料を探している。
回答
(Answer)
▶朝日新聞 昭和47年(1972年)6月14日17面
 →「豊能自然歩道 十三コース 五市長村長の選定 北摂の緑と清流に親しもう」と題して記事が掲載されている。「北摂一帯に残るすばらしい自然に親しんでもらおう、と豊能市町村長連絡会議(豊中市、池田市、箕面市、能勢町、東能勢村)は十三日「豊能自然歩道」を選定した。」とある。『角川日本地名大辞典 27 大阪府』(角川書店)p.1023によると東能勢村は昭和52年に村名改称して町制施行し、豊能町となっている。

▶『広報とよなか 昭和47年7月号 第248号』p.1
 →「豊能自然歩道」と題して記事が掲載されている。「六月十二日、豊能市町村連絡会議(豊中・池田・箕面市・能勢町・東能勢村)で、十三コース延百四十一キロメートルの「豊能自然歩道」を選定しました。」とある。各コースと地図も掲載されている。

▶『野のみち賛歌 豊能自然歩道彩録絵地図』(豊能地区市長・町長連絡会議)

▶『豊能自然歩道 ‐緑と清流を求めて‐』(豊能地区市長・町長連絡会議)
 →実際に歩くために作られた1枚ものの地図。各コースや見所の紹介、コースの全体図が掲載されており概要がわかる。
 →表紙に「“豊能自然歩道”のあらまし」と題して「都会の雑踏から遠くはなれ、自然の中にひたり、自然に親しみ、自然を楽しんでもらうため豊能自然歩道―緑と清流を求めて―を設定し、コースを13ルートに分け、利用者の年齢、好みに応じて利用していただけるようにしました。」と書いてある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
『野のみち賛歌』 豊能地区市長・町長連絡会議/[編] 豊能地区市長・町長連絡会議
『豊能自然歩道』 豊能地区市長・町長連絡会議/[編] 豊能地区市長・町長連絡会議
『角川日本地名大辞典27』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編 角川書店
キーワード
(Keywords)
豊能自然歩道(トヨノシゼンホドウ)
北摂(ホクセツ)
豊中市(トヨナカシ)
池田市(イケダシ)
箕面市(ミノオシ)
能勢町(ノセチョウ)
豊能町(トヨノチョウ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000250365解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!