このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000227227
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M17022817183816
事例作成日
(Creation date)
2017/02/24登録日時
(Registration date)
2017年12月24日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
イモリとヤモリの違いについて知りたい。
回答
(Answer)
①『ヤモリ』には、イモリとヤモリの体や卵を比べている写真が載っていて、ヤモリは「は虫類」、イモリは「両生類」という違う種類の動物であると紹介されており、さらに具体的な違いとして3点が挙げられている。1点目は、体の表面の違いとして、ヤモリの体は乾いていてウロコで覆われていて乾燥に強いのに対して、イモリの体は湿った皮膚に覆われているという点。2点目は、子どもの頃の違いとして、ヤモリは生まれた時から親とそっくりな見た目なのに対して、イモリは生まれた時は水中にいて魚のようにえらがあるという違い。3点目は卵の育つ所の違いとして、イモリの卵は水の中に産まれるので、膜で覆った簡単なつくりであるのに対して、陸に産むヤモリの卵は水分を中に閉じ込めるために、乾燥を膜で防ぎ、外側は殻で守る工夫がしてあるという違い。
②『なぜ?の図鑑 動物』には、「ヤモリとイモリどこがちがうの?」という項目に「家のかべやガラスまどなど、かわいているところにいるのがヤモリ」「田んぼや水たまりなど、水の近くのしめったところにいるのがイモリ」という、は虫類と両生類の違いの記載がある。
③『どんな生きもの?はちゅう類・両生類 2』には、イモリとヤモリの名前の由来についての記載がある。ヤモリという名前が「家をまもる」という意味なのに対して、イモリは「井戸をまもる」という意味である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
参考資料
(Reference materials)
①疋田努『ヤモリ』 集英社,2006,39p. 参照はp.34-35.
②今泉忠明『なぜ?の図鑑 動物』 学研,2015,126p. 参照はp.54.
③松久保晃作『どんな生きもの?はちゅう類・両生類②』 偕成社,2002,39p. 参照はp.32.
キーワード
(Keywords)
イモリ
ヤモリ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2017022817133783816
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000227227解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!