このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000169955
提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
L14-003
事例作成日
(Creation date)
2014/10/27登録日時
(Registration date)
2015年03月27日 09時33分更新日時
(Last update)
2015年05月20日 15時25分
質問
(Question)
世界主要都市別の貧困率もしくはジニ係数を調べたい。
(New York、London、Frankfurt、東京の最新データ)
回答
(Answer)
以下データベースにて、①New York City(米国)、②London(英国)、③Frankfurt(ドイツ)の貧困率が入手可能。
④東京のみ貧困率データ無し。
 ■ New York City Global City Data ※国により調査年代は異なる
   http://www.nyc.gov/html/ia/gprb/html/global/global.shtml

他、各国の統計局など公的機関より公開されているデータや、上記データの出典元も調査し
以下、参考情報と併せて案内した。

①New York City(米国)
 ■ State & County QuickFacts  http://quickfacts.census.gov/qfd/states/36/3651000.html
   > Persons below poverty level, percent, [2009-2013]

 ■ American Fact Finder(U.S.Census Bureau)
   http://factfinder2.census.gov/faces/nav/jsf/pages/searchresults.xhtml?refresh=t
   1)"Gini Index of Income Inequality" [2013 ACS 5-year/3-year/1-year estimates]
    2)"Poverty Status in the past 12 months" [2013 ACS 5-year estimates]

②London(英国)
 ■ London's Poverty Profile 2013(Published October 2013) [In the three years to 2011–12]
   http://www.trustforlondon.org.uk/wp-content/uploads/2013/10/LPP_2013_finalReport_Web.pdf
 
 ■ Wage inequality and employment polarisation in British cities, (2013.5) [2010]
   http://www.theworkfoundation.com/DownloadPublication/Report/334_Wage%20inequality%20and%20employment%20polarisation%20in%20British%20cities%20FINAL.pdf
  
③Frankfurt(ドイツ)
 ■ Armut und soziale Ausgrenzung 主要都市別貧困率 [2005-2013]
   http://www.amtliche-sozialberichterstattung.de/A1armutsgefaehrdungsquoten.html
   > 「Armutsgefährdungsquoten der Großstädte」 A.1.5.1 gemessen am Bundesmedian 

④東京(日本)
  都道府県別の貧困率は見つからず、下記統計局より「地域別年間収入のジニ係数」(最新:平成21年調査)が
  確認できたのみ。論文掲載の推計データ等、参考情報と併せてご案内した。

 ■ 総務省統計局 『全国消費実態調査』 5年周期
   > 最新 『平成21年 全国消費実態調査関連情報』
     http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/index2.htm#kekka
   > 統計表一覧 > 全国 > 各種係数,所得分布結果表 > 「20. 地域別年間収入のジニ係数」

 ■ 都道府県別 貧困率(著者試算データ)
   戸室健作 「近年における都道府県別貧困率の推移について:ワーキングプアを中心に」
   (貝山道博教授 行方久生教授 退職記念特集)『山形大学紀要. 社会科学』 43(2), 35-92, 2013-02
    http://www2.lib.yamagata-u.ac.jp/kiyou/kiyous/kiyous-43-2/image/kiyous-43-2-035to092.pdf
回答プロセス
(Answering process)
【調査概要】
[1] OECD、WorldBank、eurostat等、国際機関のデータベースを確認。
[2] 各国の統計局等を中心に個別調査。
[3] 上記調査過程にて得られたデータを基に、出典元及び調査項目に関する解説(各国の定義・算出方法)、
   論文など参考情報を確認。

【回答プロセス】
[1] 利用者にて調査済と伺ったOECD、WorldBank等のデータベースを再度確認したが、やはり国別データのみ
  であった。また、eurostatにおいても入手可能であったのは一部の都市・年代に限られた。

 ■ OECD iLibrary 【本学契約データベース】
   > OECD.Stat > Data by theme : "Poverty"
   > Social Protection and Well-being
   > Income Distribution and Poverty : by country - POVERTY

 ■ WorldBank  http://data.worldbank.org/
   > By Topic > Poverty (Poverty & Equity Data / World Development Indicators)

 ■ eurostat
   > Regions > Data > Main tables
  http://ec.europa.eu/eurostat/web/regions/data/main-tables
   > Regional poverty and social exclusion statistics > At-risk-of-poverty rate by NUTS 2 regions
    → London(2008・2009年データのみ)、Frankfurt ×

[2] 各国の統計局等を中心に個別調査。

①New York City(米国) ---------------------------------------------------------------------------
 ■ American Fact Finder(U.S.Census Bureau) > Advanced Search
   http://factfinder2.census.gov/faces/nav/jsf/pages/searchresults.xhtml?refresh=t
   > state, country or place(optional)に [new york city] と入力
   > 画面上部のRefine your search results:より結果を絞り込み
     topic or table name:[gini] [poverty] でそれぞれ検索
   > Table, File or Document Title
     1)"Gini Index of Income Inequality" [2013 ACS 5-year/3-year/1-year estimates]
     2)"Poverty Status in the past 12 months" [2013 ACS 5-year estimates]

 New York CityのWebサイトにて情報を探していたところ、「Global City Data」というデータベースを確認。
 (※詳細は下記[3]を参照。)
 New York Cityデータの出典より詳細データを確認した。
 
 ■ State & County QuickFacts 
  http://quickfacts.census.gov/qfd/states/36/3651000.html
   > Persons below poverty level, percent, [2009-2013]
    (※上記Global City DataのNew York Cityのデータ出典)

[参照] U.S. Census Bureau > Population > Poverty Main > About Poverty
    https://www.census.gov/hhes/www/poverty/about/overview/measure.html
     米国の貧困率・貧困数の算出は、米国勢調査局(U.S. Census)が毎年発表する
     貧困ライン(Poverty threshold)により決定され、
  OECDやEUにて採用されている相対的貧困率とは算出方法が異なる。

②London(英国) ---------------------------------------------------------------------------------
 上記New York City Global DataのLondonデータの出典等を確認。
 また、最新データが得られないかGoogle等にて情報を探すが更なる有益情報を得ることは出来なかった。 
 
 ■ London's poverty profile(Trust for London) http://www.londonspovertyprofile.org.uk/
   > Publications > London's Poverty Profile 2013(Published October 2013)
   http://www.trustforlondon.org.uk/wp-content/uploads/2013/10/LPP_2013_finalReport_Web.pdf
   p7 "In the three years to 2011–12, 2.1 million people in London were in poverty.
     This 28% poverty rate is seven percentage points higher than the rest of England."

 ■ Wage inequality and employment polarisation in British cities, (2013.5)
   http://www.theworkfoundation.com/DownloadPublication/Report/334_Wage%20inequality%20and%20employment%20polarisation%20in%20British%20cities%20FINAL.pdf
   p16 "Table 1 Most and least unequal cities: Gini coefficient and 90 / 10 ratio of basic pay, 2010"
   p18 "Table 2 Most and least unequal cities: 90/50 and 50 / 10 ratios of basic pay, 2010"
p65 "Table A3. Inequality measures by city, 2010"

 ■ Annual Survey of Hours and Earnings(ASHE)
   http://www.ons.gov.uk/ons/rel/ashe/annual-survey-of-hours-and-earnings/index.html
   > "Work Based Travel to Work Area" など
     ※ 上記資料の出典ではあったが、ジニ係数の記載は確認できず。

 [参照] 貧困統計ホームページ  http://www.hinkonstat.net
      > 主要国(例)の貧困指標 > 2.イギリス
      イギリスの公式貧困基準は、所得による相対的貧困率(貧困率は中央値の60%) であり、
      これを「At-risk-of-poverty rate (貧困リスク率)」と呼んでいるとのこと。(※EU基準同様)

③Frankfurt(ドイツ) ------------------------------------------------------------------------------
  Statistische Ämter des Bundes und der Länder(ドイツ連邦および各州の統計庁)
  http://www.amtliche-sozialberichterstattung.de/A3gini-koeffizient.html

 ■ Armut und soziale Ausgrenzung 主要都市別貧困率 [2005-2013]
   http://www.amtliche-sozialberichterstattung.de/A1armutsgefaehrdungsquoten.html
   > "Armutsgefährdungsquoten der Großstädte"
    A.1.5.1 gemessen am Bundesmedian ※以下参照資料掲載数値と同じ

 [参照]
 ・Statistik Hessen > Startseite(English)
  http://www.statistik-hessen.de/basis-services/english/index.html
> "Regional statistical data on measuring progress"
http://www.statistik-hessen.de/fileadmin/media/files/infomaterial/e_reg_statistic_data_measuring_progress.pdf
  p.42 Fig.7a "At-risk-of-poverty rates by selected large town 2011...measured against the federal median"

 ・独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT) 
  > 海外労働情報 > 国別労働トピック > 2013年 > 1月
  > ドイツ  http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2013_1/german_01.htm
   イギリス同様にドイツも貧困基準は所得による相対的貧困率 (貧困率は中央値の60%)。

④東京(日本) -----------------------------------------------------------------------------------
  都道府県別の貧困率は見つからず、下記統計局より「地域別年間収入のジニ係数」(最新:平成21年調査)が
  確認できたのみ。(※次回調査は平成26年実施、結果公表時期未定)

 ■ 総務省統計局 『全国消費実態調査』 5年周期
   > 最新 『平成21年 全国消費実態調査関連情報』
    http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/index2.htm#kekka
   > 統計表一覧 > 全国 > 各種係数,所得分布結果表 > 「20. 地域別年間収入のジニ係数」

論文検索データベース【CiNii Articles】にて論文を検索。 
下記論文に著者による試算データが含まれており、参考までに紹介した。

 *CiNii Articles http://ci.nii.ac.jp/
 ■ 都道府県別 貧困率(著者試算データ)
   戸室健作 「近年における都道府県別貧困率の推移について:ワーキングプアを中心に」
   (貝山道博教授 行方久生教授 退職記念特集) 『山形大学紀要. 社会科学』 43(2), 35-92, 2013-02
  
他、貧困率及びジニ係数に関連する統計『国民生活基礎調査』『所得再分配』もあるが、
都道府県別のデータは確認できず。東京都HPも調査したが有益情報は得られなかった。

 [参照] 「平成25年国民生活基礎調査の概況」
     http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/
      > II.各種世帯の所得等の状況 > 7 貧困率の状況
       ※ 相対的貧困率(OECD作成基準に基づき算出) 都道府県別のデータなし

 ■ 参議院 >「国民生活基礎調査」を読む / 第二特別調査室 小林仁
   http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2011pdf/20111201031.pdf
  《国際比較》※OECD / WorldBank 国別のみ

------------------------------------------------------------------------------------------------
[3] 米国の調査時、ニューヨーク市のwebサイトにてグローバル都市の主要指標に関するデータベースを確認。
   国により調査年代・定義等が異なるため、比較する際には注意を要するが、各国の都市をまとめて検索可能。
  (東京・大阪など日本の主要都市データも含まれているが、貧困率は収録なし。)

 ■ New York City Global City Data.
   http://www.nyc.gov/html/ia/gprb/html/global/global.shtml
   > 都市を選択し、出力希望する項目を選択
    [例] City: New York City / Data: Economy > Poverty rate
   N.Y. / Frankfurt / London / Tokyo (東京のみ貧困率データ無し)
    ※ データ表示後、数字にカーソルを合わせるとデータ出典の確認ができる。
事前調査事項
(Preliminary research)
依頼者にてOECDWebサイトなど調べたが国別のデータのみで、
都市別のデータまでは見つけることが出来なかったとのこと。
NDC
経済学.経済思想  (331 9版)
統計  (350 9版)
社会病理  (368 9版)
参考資料
(Reference materials)
OECD iLibrary(本学契約データベース)
WorldBank  http://data.worldbank.org/  (最終アクセス:2015/03/25)
eurostat  http://ec.europa.eu/eurostat/web/regions/data/main-tables  (最終アクセス:2015/05/14)
New York City Global City Data. 
http://www.nyc.gov/html/ia/gprb/html/global/global.shtml  (最終アクセス:2015/03/25)
State & County QuickFacts 
http://quickfacts.census.gov/qfd/states/36/3651000.html  (最終アクセス:2015/03/25)
American Fact Finder(U.S.Census Bureau)
http://factfinder.census.gov/faces/nav/jsf/pages/index.xhtml  (最終アクセス:2015/03/25)
"About Poverty"(U.S.Census Bureau)
http://www.census.gov/hhes/www/poverty/  (最終アクセス:2015/03/25)
London's poverty profile(Trust for London)
http://www.trustforlondon.org.uk/wp-content/uploads/2013/10/LPP_2013_finalReport_Web.pdf  (最終アクセス:2015/03/25)
Wage inequality and employment polarisation in British cities, (2013.5)
http://www.theworkfoundation.com/DownloadPublication/Report/334_Wage%20inequality%20and%20employment%20polarisation%20in%20British%20cities%20FINAL.pdf  (最終アクセス:2015/03/25)
Annual Survey of Hours and Earnings(ASHE)
http://www.ons.gov.uk/ons/rel/ashe/annual-survey-of-hours-and-earnings/index.html  (最終アクセス:2015/03/25)
貧困統計ホームページ http://www.hinkonstat.net  (最終アクセス:2015/03/25)
Statistische Ämter des Bundes und der Länder(ドイツ連邦および各州の統計庁)
http://www.amtliche-sozialberichterstattung.de/A3gini-koeffizient.html  (最終アクセス:2015/03/25)
Statistik Hessen > Startseite(English)
http://www.statistik-hessen.de/basis-services/english/index.html  (最終アクセス:2015/03/25)
独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)海外労働情報
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2013_1/german_01.htm  (最終アクセス:2015/03/25)
総務省統計局 『全国消費実態調査』
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/index2.htm#kekka  (最終アクセス:2015/03/25)
「国民生活基礎調査」を読む / 第二特別調査室 小林仁
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2011pdf/20111201031.pd  (最終アクセス:2015/03/25)
厚生労働省『平成25年国民生活基礎調査の概況』
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa13/  (最終アクセス:2015/05/14)
CiNii Articles  http://ci.nii.ac.jp/ja  (最終アクセス:2015/5/14)
キーワード
(Keywords)
貧困率
貧困リスク率
ジニ係数
proverty rate
At-risk-of-poverty rate
Gini Index
New York
London
Frankfurt
東京
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学部生
登録番号
(Registration number)
1000169955解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!