このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000260376
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2019-19
事例作成日
(Creation date)
2019年08月02日登録日時
(Registration date)
2019年08月22日 11時58分更新日時
(Last update)
2019年09月04日 14時27分
質問
(Question)
愛媛県の交通事故について調べている。「愛媛県の交通事故が多いのは県民の運転マナーが悪いから」という主張に疑問があり次のことを調べたい。
① 愛媛県は交通事故が多いのか?県内の交通に関する統計的なデータを詳しく知りたい。
② 愛媛県の交通事故が多いとして本当に交通マナーが原因なのか?事故多発地帯などの分布とその特徴について視覚的に把握できるような資料。
③ 愛媛県の交通事故について一つ一つの詳しい事例 証言などが書かれた資料
④ 愛媛県の警察や行政が交通事故を解決するためにどのような施策をとってきたのか?ということがわかる資料
⑤ 他県についての資料
⑥ 交通事故に関する先行研究
回答
(Answer)
①について
【資料1】に、愛媛県の交通事故について各種統計あり。
愛媛県警察のホームページにも、統計あり。

https://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/jiko.htm

②について
【資料1】に、「過去5年間の市町別交通事故の発生推移」の表あり。
【資料1】に、「市町(警察署・隊)別・路線別・時間別・曜日別・地形別・道路形状別発生状況」の表あり。
【資料1】に、「市町(警察署・隊)別・事故類型別・通行目的別・違反別・ライト点灯・反射材の事故発生状況」の表あり。
愛媛県警察のホームページに、交通事故マップあり。

https://www.police.pref.ehime.jp/kotsukikaku/jikomap/jikoMap2019.htm

③について
本の資料で該当するものはないが、事故の事例は新聞で調査する方法がある。30年以上前の新聞はマイクロフィルムで、それ以降は原紙で閲覧できる。

④について
【資料1】の第4編「交通規制及び安全施設」に、「1 交通安全施設整備状況」「2 警察署(隊)別交通規制実施状況」「3 道路別交通規制実施状況」「4 警察署別・機種別新後期整備状況」等の表がある。
【資料1】の第7編「交通安全運動と組織」に、「主な交通安全運動及び交通安全教育」として、愛媛県警察の取組みが書かれている。

⑤について
【資料1】に、全国における交通事故の件数の統計がある。
【資料2】に、「交通の動向」や「交通に関して講じた施策」等、交通全般的な内容がある。

⑥について
一般書の資料で、以下のものを含め、交通事故に関する資料は多数所蔵している。
【資料3】【資料4】
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『交通年鑑』愛媛県警察本部発行 ※昭和43年から平成29年まで所蔵 <当館請求記号:RK681-1-18>ほか
【資料2】『交通安全白書』内閣府/編集 ※昭和50年版から平成30年版まで所蔵 <当館請求記号:R681-77-18>ほか
【資料3】『交通事故低減のための自動車の追突防止支援技術』伊藤 誠/編著,丸茂 喜高/編著,平岡 敏洋/共著,和田 隆広/共著,安部 原也/共著,北島 創/共著 コロナ社 2015 <当館請求記号:537.6 コウ 2015>
【資料4】『事故はなぜ起こる!?』石橋 宏典/著,メディアファクトリー 2010 <当館請求記号:681.3 イヒ 2010>
キーワード
(Keywords)
交通事故
愛媛県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000260376解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!