このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川大学図書館 (3310064)管理番号
(Control number)
14-05
事例作成日
(Creation date)
2014年06月15日登録日時
(Registration date)
2014年06月15日 15時52分更新日時
(Last update)
2020年04月20日 13時37分
質問
(Question)
秋葉原の終戦以降の歴史を知りたい。
回答
(Answer)
回答プロセス参照
回答プロセス
(Answering process)
利用者によれば、戦後電気街が形成される過程を調べているとのこと。
大まかな概要は、契約データベースJapanKnowledge Libの「秋葉原」の項(日本歴史地名体系)で把握できる。
戦後ヤミ市の露店から次第に発展した模様。
  

1. 自館OPACで「秋葉原」「アキハバラ」「アキバ」を検索。
・日本産業新聞編『The秋葉原:電子産業の縮図』(日本経済新聞社 1982年)
 第3章「歴史と人脈」に戦前からの歴史の聞書きあり。

・三宅理一著『秋葉原は今』(芸術新聞社 2010年)第1章「秋葉原電気街」に、
 秋葉原の成り立ち~現代までの歴史が書かれている。

2. 地方史を確認。
・東京都千代田区編『千代田区史』(東京都千代田区 1960年)
  中巻 第5部7章「千代田区の成立」2節「戦後の混乱と復興」で秋葉原について触れている他、
  下巻 第3部3章「電気問屋」で秋葉原周辺、特に御成通りについて詳述している。

・東京百年史編集委員会編『東京の新生と発展:昭和期戦後(『東京百年史』第6巻)』(東京都 1972年)
  第4章第1節「東京の卸・小売業」にも「振興問屋街の形成」として
  御成通りの電気問屋街が触れられているが、これは上記の『千代田区史』を参照したもの。

3. Googleで「秋葉原 歴史」などのキーワードを検索。
・秋葉原電気街振興会のページ「秋葉原アーカイブス」がヒット。
 秋葉原の歴史が紹介されている。

 
 また、このページの参考文献として以下の社史が紹介されていたが、
 あいにく当館では所蔵しておらず未確認。

・ヤマギワ(株)社史編纂委員会編纂『ヤマギワ60年のあゆみ』(ヤマギワ 1984年)
・ラオックス株式会社50年史編纂委員会編『ラオックス50年史』(ラオックス 1981年)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
衛生工学.都市工学  (518 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
JapanKnowledge Lib(有料契約データベース)
日本産業新聞編『The秋葉原:電子産業の縮図』(日本経済新聞社 1982年), ISBN 4532084385
三宅理一著『秋葉原は今』(芸術新聞社 2010年), ISBN 9784875861928
東京都千代田区編『千代田区史』(東京都千代田区 1960年) 中・下巻
東京百年史編集委員会編『東京の新生と発展:昭和期戦後(『東京百年史』第6巻)』(東京都 1972年)
秋葉原電気街振興会 秋葉原アーカイブス
https://akiba.or.jp/archives  (2020年4月20日最終確認)
キーワード
(Keywords)
秋葉原
電気街
問屋街
戦後復興
ヤミ市
御成通り
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000154317解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!