このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉市中央図書館 (2210009)管理番号
(Control number)
千葉市中央128
事例作成日
(Creation date)
2017年11月05日登録日時
(Registration date)
2017年11月29日 15時52分更新日時
(Last update)
2018年03月08日 16時32分
質問
(Question)
アメリカの外交官で、1920年代にイギリスに駐在していた「ジョージ・ハーヴィー」の略歴や業績を簡単に知りたい。日本語の資料がなければ英語のものでもよい。
回答
(Answer)
・英語版ウィキペディアにまとまった情報があった( https://en.wikipedia.org/wiki/George_Brinton_McClellan_Harvey )ので、それを参考に裏付けをとっていくのがよいのでは、と助言した。

・J-STAGE で、ジョージ・ハーヴィーについて若干の言及がある日本語論文(藤山 一樹「英米戦債協定の成立とイギリス外交、一九二〇―一九二三年」)を発見したので紹介した( https://www.jstage.jst.go.jp/article/kokusaiseiji/2015/180/2015_180_30/_article/-char/ja/ )。
回答プロセス
(Answering process)
・各種人名辞典、業務端末、国会図書館サーチではそれらしい該当を見つけられなかった。

・Google で「ジョージ・ハーヴィー」などと検索すると、別のハーヴィーさん、ジョージさんが無数に出てきてしまい絞り込めなかった。

・そこで、とりあえず英語のサイトを探してみることにした。
①Google 翻訳で「大使」と引く。「ambassador」だとわかる。
②Google で「英語 名前 スペル」と検索。出てきたサイトで、「George Harvey」という表記が一般的であることを確認。
③Google で「ambassador George Harvey」と検索。英語版ウィキペディアの「George Brinton McClellan Harvey」というページを発見。裏付けを取る必要はありますが、と断ったうえで紹介。

・CiNii Articles で「George Harvey」と検索。上述の論文を発見した。J-STAGE にて閲覧可能。

・これだけわかれば後は自力で調べられそう、とのことでレファレンス終了した。

※以下、確認したが情報を発見できなかったもの。日本語資料を引く際は、「ハーヴィー」「ハーヴェイ」「ハービー」「ハーベイ」の可能性を考慮して確認した。
『外国人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ)
『岩波世界人名大辞典』(岩波書店辞典編集部/編 岩波書店)
『Abridged encyclopedia of world biography』(Gale Group)
『イギリスとアメリカ』(君塚 直隆/編 勁草書房)
『欧米政治外交史』(益田 実/編著 ミネルヴァ書房)
『戦間期国際政治史』(斉藤 孝/著 岩波書店)
事前調査事項
(Preliminary research)
・Wikipedia「在イギリスアメリカ合衆国大使」のページ。歴代大使一覧表に「ジョージ・ハーヴィー」の名前あり。駐在期間は1921年5月12日から1923年11月3日だった模様。
NDC
伝記  (280 9版)
外交.国際問題  (319 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
関連サイト最終閲覧日:2017年11月29日
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000225612解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!