このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川大学図書館 (3310064)管理番号
(Control number)
19-01
事例作成日
(Creation date)
2019年07月22日登録日時
(Registration date)
2019年12月03日 16時19分更新日時
(Last update)
2020年04月10日 14時34分
質問
(Question)
伊達(仙台)藩の最大領地の時(伊達政宗の頃で1600年前後)の図が欲しい。
回答
(Answer)
『図説伊達政宗(新装版)』仙台市博物館編集, 河出書房新社, 2002.
 ※「伊達政宗の領土変遷および天正17年末(1589)の家臣団配置」(77頁)に天正17年と慶長6年(1601)の領地を比較した図が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.伊達藩の領地が最大になった時の藩主が伊達政宗の頃ということだったので、自館OPACで「伊達政宗」・「仙台藩」・「伊達氏」などのキーワードでヒットした資料を確認。
a)『図説伊達政宗(新装版)』仙台市博物館編集, 河出書房新社, 2002.
 ☆⇒「伊達政宗の領土変遷および天正17年末(1589)の家臣団配置」(77頁)に天正17年と慶長6年(1601)の領地の図がある。
b)『伊達氏と戦国争乱』(東北の中世史4), 遠藤ゆり子編, 吉川弘文館, 2016.
 ☆⇒「天正9年(1582)「奥州一統」後の勢力範囲」(85頁)

2.宮城県の県史や市史を検索。特に国会図書館デジタル化資料送信サービス(送信館限定)でヒットしたものも案内。
a)『仙台藩の歴史』第1巻(伊達政宗・戊辰戦争), 平重道, 宝文堂, 1969年.
   http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9537255 (2020年3月30日最終確認)
 ☆⇒「仙台藩全領図」(巻頭図版)
b)『米沢市史』第1巻(原始・古代・中世編), 米沢市史編纂委員会編, 米沢市, 1997.
   http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9541114 (2020年3月30日最終確認)
 ☆⇒「政宗が家督相続した天正12年(1584)末の南奥羽の戦国大名」(735頁)
c)『宮城県史』第2 (近世史), 宮城県史編纂委員会編, 宮城県史刊行会, 1966.
   http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3005480 (2020年月30日最終確認)
 ☆⇒「宝暦年間(1751-1764)仙台領域・要害・所・在所分布図」(88-89頁)

3.そのほか、戦国・近世期の東北を扱った資料を確認。
a)『戦国大名伊達氏』(シリーズ・中世関東武士の研究, 第25巻)遠藤ゆり子編著, 戎光祥出版 2019.4.
 ☆⇒「戦国大名伊達氏の研究動向」(9-51頁)から、伊達氏関連の研究を確認。
b)『東北近世の胎動』(東北の中世史5), 高橋充編, 吉川弘文館, 2016.
 ☆⇒「奥羽仕置以前・以後の東北大名配置図」(9頁)
c)『中世南奥の地域権力と社会』小林清治編, 岩田書院, 2001.
 ☆⇒菊池利雄「出羽国置賜郡における伊達氏領国」(217-242頁)の図1「戦国時代、天文期(1532-1555)における伊達氏領国図」(217頁)。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 10版)
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
伊達政宗
伊達氏
仙台藩
米沢市史
宮城県史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000269778解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!