このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
立命館大学図書館 (3310012)管理番号
(Control number)
K06-007
事例作成日
(Creation date)
2006年11月24日登録日時
(Registration date)
2007年03月23日 14時23分更新日時
(Last update)
2007年04月09日 15時54分
質問
(Question)
昭和17年の「荏原区平塚七丁目1063番地」が現在ではどの地区、地域にあたるのか。また当時の住宅地図があれば入手したい。
回答
(Answer)
◎『江戸東京学事典』より、平塚のある東京市荏原区は現在の品川区にあたると判明。法務局の品川出張所に問い合わせ。住所自体は品川区役所に問合せてほしいとのこと。住所は細かく区画が変わっているので、正確に照合させるのは難しいとのことだった。

◎品川区役所に電話にて問い合わせ⇒「平塚七丁目1063番地」は、現在の品川区旗の台6丁目21番。
(番地表示は個人に確認し、個人の許諾が必要とのこと)
当時の地図は、あるとすれば品川歴史館で、照合する場合、現在の地図は市販されているゼンリン地図購入か、東京都内の公共図書館へ利用申請を出すとよいとのこと。

◎国会図書館にもメールレファレンスを依頼。その回答に下記の資料を紹介していただく。
昭和16年発行の資料1(『角川日本地名大辞典13 東京都』によると平塚は、昭和16年からの町名で、昭和40年から現在の地名になったので、昭和17年の住所も同様であると判断できる)と資料2を比較して現在の地域が特定できる。
※複写依頼をする場合は、住所の表示部分で複写箇所を特定できず、地図の部分(この場合左下部分)を指定して複写する形になる。

資料1 『大東京区分図三十五区之内 荏原区詳細図』1:6000 日本統制地図 1941.10 (NDL請求記号F―14(20))

資料2 『品川区』 ゼンリン 2005.11 (NDL請求記号YG111-13―109―A1)

⇒利用者複写依頼へ。調査終了
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・「荏原区史」荏原区役所 1943 掲載の地図を依頼者が参考資料として持参。
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
小木新造『江戸東京学事典』新装版 三省堂 2003
『角川日本地名大辞典13 東京都』 角川書店
『大東京区分図三十五区之内 荏原区詳細図』 東京地形社 1941
『品川区』 ゼンリン 2005.11 (ゼンリン住宅地図 東京都9)
キーワード
(Keywords)
地名
住宅地図
荏原区
品川区
平塚
照会先
(Institution or person inquired for advice)
国立国会図書館
寄与者
(Contributor)
法務局品川出張所
品川区役所
国立国会図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学院生
登録番号
(Registration number)
1000034064解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!