このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2005F0202
事例作成日
(Creation date)
20050329登録日時
(Registration date)
2005年12月01日 02時11分更新日時
(Last update)
2005年12月01日 18時31分
質問
(Question)
日本近海に押し寄せる大型クラゲに対して、1922年に岸上鎌吉が新種としてエチゼンクラゲ Nemopilema nomurai KISHINOUYEと登録した。しかし、1952年以降の出版物では、Stomolophus nomurai (KISHINOUYE)と属名が変更されている。属名を変更した文献とその著者を知りたい。
回答
(Answer)
ご依頼の事項を調査するために、当館NDL-OPACの雑誌記事索引を「エチゼンクラゲ」で検索したところ、下記(1)の文献の「和名と学名の由来」(p.9)に、学名を 'Stomolophus nomurai(Kishinouye)' として紹介した論文(下記(2))の記述が以下のようにありました。
和名と学名の由来
 このクラゲは、1920年に福井県高浜町音海の大型定置網に入った個体が,東京帝大の岸上鎌吉博士によって初めて詳しく調べられ、2年後に、新属新種、エチゼンクラゲNemopilema nomurai Kishinouyeとして発表されました。この和名は、越前地方(福井県)の名に由来して命名され、学名の種小名nomuraiは、標本を送付した野村貫一氏に捧げられたものです(岸上,1922)。その後、本種は学名をStomolophus nomurai(Kishinouye)として、一般の動物図鑑等に紹介されたり(Uchida, 1954)、一時は、砲弾クラゲと呼ばれた別種S.meleagrisのシノニムとされたこともありましたが(Kramp, 1961)、最近東京水産大学(現東京海洋大学)名誉教授の大森信博士らによって、再度分類学的な検討がなされた結果、元のN. nomuraiにもどすべきことが提唱されたので(Omori & Kitamura, 2004)、今後は、本種の学名としてこれを用いるべきでしょう。
(1) 安田徹:近年大量出現した巨大エチゼンクラゲ
   (『うみうし通信』45 2004.12 pp.9-11 当館請求記号 Z18-B152)
(2) Uchida, Tohru: Distribution of Scyphomedusae in Japanese and its Adjacent Waters
   (Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University. Ser.6, Zoology 12(1-2) 
    1954.12 pp.209-219)
   当該雑誌は国立国会図書館関西館で所蔵(当館館請求記号 Z53-C169)していますが、
  上記論文を掲載するVol.12 no.1-2については欠号となっていますので、どのように記述されて
  いるかについては確認ができませんでした。NACSIS Webcat ( http://webcat.nii.ac.jp/ )を
  検索したところ、当該号を東北大附属図書館医学分館、北青葉山分館、などでも所蔵して
  いるようです。
 なお、ご参考までに「和名と学名の由来」で引用されている3論文(岸上,1922、 Kramp, 1961、 Omori and Kitamura, 2004)について、「参考文献」(p.11)の記載を転記いたします。
  ・ 岸上鎌吉 1922. 動物学雑誌,34:343-346.
  ・ Kramp, P. L. 1961. J. Mar. Biol. Ass, U. K., 40: 1-469.
  ・ Omori, M. & M. Kitamura, 2004. Plankton Biol. Ecol., 51: 36-51
また、貴館調査済み資料に加えて、『魚類レファレンス事典』(日外アソシエーツ編集部編 日外アソシエーツ 2004 1332p 当館請求記号RA2-H36)の「エチゼンクラゲ」(p.154)の見出しに掲載の下記の事典類を調査いたしましたが、属名の変更についての記述は見当たりませんでした。
(3)『原色検索日本海岸動物図鑑 1』西村三郎編著 大阪 保育社 1992 425p
(当館請求記号RA6-E39) p.68
(4)『大百科事典 第2巻』平凡社編 平凡社 1952 1274p (当館請求記号031-D15-H(s) ) p.242
(5)『日本大百科全書 3』小学館 1985 939p (当館請求記号UR1-96) p.523
上記資料(1)~(5)は、(2)を除きすべて国立国会図書館東京本館で所蔵しています。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
・Nemopilema nomurai KISHINOUYEとしている文献
 岸上鎌吉 1922 「エチゼンクラゲ」 動物学雑誌 34巻: 343-346
 内田 亨 1936 「日本の動物分類 鉢水母綱」 第3巻第2編 三省堂
 安田 徹 2003 「海のUFOクラゲ 発生・生態・対策」 厚生閣
・Stomolophus nomurai (KISHINOUYE)としている文献
 谷津直秀 1952 「動物分類表 第7版」 丸善
 下村敏正 1958 「1958年秋、・・の発生について」 日水研研報7: 85-107
 内田 亨 1961 「生物系統分類学2」 中山書店
 岡田 要 1965 「新日本動物図鑑」 北隆館
 山路 勇 1967 「日本海洋プランクトン」 保育社
 椎野季雄 1970 「水産無脊椎動物学」 培風館
 内田 亨 1970 「現代生物学体系1巻」 中山書店
 内海富士夫 1996 「海岸動物」 保育社
NDC
無脊椎動物  (483 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
生物学
動物
無脊椎動物
腔腸動物
くらげ
エチゼンクラゲ
属名
学名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
大学図書館
登録番号
(Registration number)
1000025121解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!