このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000160091
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-197
事例作成日
(Creation date)
2014年04月10日登録日時
(Registration date)
2014年09月20日 17時29分更新日時
(Last update)
2014年10月01日 17時53分
質問
(Question)
ハナイズミモリウシと金森遺跡について記載のある資料はあるか。
回答
(Answer)
ハナイズミモリウシとは『ふるさと花泉』の「金森に獣がいたころ」の項で、次のように紹介されている。

《(金森獣骨遺跡の)発掘は昭和29年にかけて3回にわたっておこなわれ、またもおびただしい獣骨が発見された。その中に野牛類の先祖とみられる獣の前頭骨で、のちに「ハナイズミモリウシ」と名づけられるものがあった。この名前は発見者の佐々木盛輔さんの“モリ”と地名を組み合わせたものである。》

紹介した資料は下記の通り。

『ふるさと花泉』
⇒p5~6「金森に獣がいた頃」
『野牛とその時代』
⇒p11~26「野牛を追う狩人たち」
⇒p38「花泉(金森)遺跡」
『花泉遺跡』
⇒p70~72「獣骨化石包含層について」
⇒P124~130「ウシ科獣類化石」
『花泉の歴史』
⇒p1「旧石器時代」の項に、金森地区から獣骨が多数出土していること。獣類はもともとシベリアや南方大陸系の動物なので、かつて日本がアジア大陸と地続きだったことを示すものという、記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
・210~ 遺跡関連資料、地域史資料をブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
『太陽』『太古の花泉』『花泉町史(通史)』『花泉町史(資料)』
NDC
歴史  (200 9版)
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ふるさと花泉』高橋 竜夫∥著 一関プリント社∥出版 1978年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036178352-00 )
『野牛とその時代』岩手県立博物館∥編 岩手県文化財振興事業団∥出版 1996年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002569569-00 )
『花泉遺跡』花泉遺跡発掘調査団∥編・出版 1993年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002326592-00 )
『花泉の歴史』花泉社会科研究会∥編・出版 1974年 ( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036178355-00 )
キーワード
(Keywords)
ハナイズミモリウシ
花泉
金森
遺跡
化石
野牛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000160091解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!