このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-092
事例作成日
(Creation date)
2012年01月27日登録日時
(Registration date)
2012年11月14日 16時25分更新日時
(Last update)
2013年02月19日 11時23分
質問
(Question)
「霞ヶ関遺跡第三次発掘調査概報」の所蔵館を調べてほしい。出典は石坂俊郎「吉ケ谷式集落の展開」(「埼玉県埋蔵文化財調査事業団紀要 10」 1993)の参考文献に「季刊KASUMI GA SEKI」の合冊とあり。
回答
(Answer)
「霞ヶ関遺跡第三次発掘調査概報」はガリ版刷の資料だが埼玉県埋蔵文化財調査事業団で所蔵している。
同事業団は埼玉県の外郭団体で、県内外発掘調査関係資料を多く所蔵しており、埼玉県立図書館のウェブサイト内「埼玉の図書館類縁機関案内」でも紹介している。( https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/link/link_sub.html  埼玉県立図書館ウェブサイト 2012/11/20最終確認)

事業団のウェブサイトでは所蔵資料検索はできないが、同図書室で相談に応じているため、以下の問い合わせ先を案内した。
財団法人 埼玉県埋蔵文化財調査事業団( http://www.saimaibun.or.jp/ 2013/2/13 最終確認)
TEL 0493-39-3955 / FAX 0493-39-3579TEL 0493-39-3955 / FAX 0493-39-3579
回答プロセス
(Answering process)
出典の調査
『研究紀要 10』(埼玉県埋蔵文化財調査事業団発行 1993)のp181に「霞ヶ関遺跡第三次発掘調査概報」(埼玉県遺跡調査会 1972)として記載あり。
「埼玉県川越市霞ヶ関遺跡発掘調査記録」(埼玉県霞ヶ関遺跡発掘調査団 1966 「日刊 KASUMI GA SEKI」の合冊)の記載もあり。(東松山市図蔵)
「季刊 KASUMI GA SEKI」「日刊 KASUMI GA SEKI」は書誌の確認ができなかった。

所蔵機関の検索
自館目録 《埼玉県内公共図書館等横断検索》《NACSIS Webcat》《埼玉県立総合教育センター教育資料室蔵書検索》それぞれ検索するが該当なし。
埋蔵文化事業団ウェブサイト等は検索機能なし。


インターネット情報の調査
《Google》を〈"霞ヶ関遺跡第三次"》で検索するが該当なし。
《Google》を〈"霞ヶ関遺跡第3次"》で検索すると下記論文1点のみヒットする。
埼玉大学の博士学位論文「資源の再利用と古代社会」の末尾p200の参考資料に記載あり。 「埼玉県遺跡調査会 1973 『霞ヶ関遺跡第3 次発掘調査概報』参考資料」

《埼玉大学図書館OPAC》を検索するが該当なし。

他機関への問い合わせ
埼玉県埋蔵文化財調査事業団へ電話して、所蔵の回答をもらう。
ガリ版刷(当時のものなので、正規に出版している最近の調査概要とはイメージが異なる)。
事前調査事項
(Preliminary research)
慶応義塾大学OPAC、早稲田大学OPAC、NACSIS Webcat、NDL-OPAC、埼玉県内公共図書館等横断検索、東京都内公共図書館等横断検索
NDC
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
「霞ヶ関遺跡第三次発掘調査概報」(埼玉県遺跡調査会 1972)
キーワード
(Keywords)
川越市-遺跡・遺物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000114010解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!