このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000190504
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20151110
事例作成日
(Creation date)
2015年11月10日登録日時
(Registration date)
2016年03月31日 10時58分更新日時
(Last update)
2016年03月31日 11時05分
質問
(Question)
松尾芭蕉の狂歌「思う事ふたつ除けたるそのあとは花の都もいなかなりけり」の“ふたつ”とは何と何を指しているか。
(調査済資料:『芭蕉全句集』『新芭蕉俳句大成』)
回答
(Answer)
“ふたつ”が何を指しているのかは不明。
質問の狂歌は芭蕉の自作ではなく、芭蕉門人の菅沼曲水と宝井其角の両吟歌仙の付合(つけあい)を、狂歌に転用したもの。
(出典:『芭蕉書簡大成』今榮藏/著 角川学芸出版 2005年 p190-191)
上記両吟歌仙は、『俳人其角全集 第1巻』勝峯晋風/編 彰考館 1935年 p179に収録されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料で当該狂歌を探すが、発見できず。
・・・『狂歌大観』『芭蕉大成』『校本芭蕉全集』など、文学参考書架で関係しそうなものすべて見るが無し。
2.Web検索の結果、個人のサイトで当該狂歌を発見。
・・・Webサイト「小品「芭蕉讃岐行」Ⅸ」の「珍しい芭蕉の狂歌」に当該の狂歌の紹介あり。この狂歌は、芭蕉発曲水宛書簡(元禄三年六月三十日付)の文末に添えられたもので、狂歌自体は、曲水・其角の両吟歌仙中の付合を一首にした即興機知の作とのこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/kenmochibunko3/11019550.html
3.芭蕉の書簡を探す→収録資料あり。
・・・『校本芭蕉全集』(角川書店)の第8巻(書簡編)と別巻(補遺編)には記載なし。
・・・『芭蕉書簡集』(松尾芭蕉/著,萩原恭男/校注 岩波書店 1976年)p113-116に“曲水宛書簡(元禄三年六月三十日付)”と脚注の記載あり。
・・・『芭蕉書簡大成』(今榮藏/著 角川学芸出版 2005年)p187-191に“曲水宛書簡(元禄三年六月三十日付)”と解説の記載あり。本書解説に、当該の狂歌は芭蕉の自作ではなく、芭蕉門人の菅沼曲水と宝井其角の両吟歌仙の付合(つけあい)を、狂歌に転用したものとあり、またこの両吟歌仙は、其角編『花つみ』に収録されているともあり。
4. 其角編『花つみ』を探す→収録資料あり。
・・・『俳人其角全集 第1巻』(宝井其角/著,勝峯晋風/編 彰考館 1935年)に「花つみ集」の収録あり、p179に“四月晦日、石山幻住庵をかたり出て”と前書する両吟歌仙の中に“おもふ事二ツのけたる其跡は 水”“花の都も田舎なりけり 角”の付合(つけあい)の記載あり。解説等はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000190504解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!