このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-273
事例作成日
(Creation date)
2006/12/06登録日時
(Registration date)
2007年05月25日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年01月22日 10時09分
質問
(Question)
「よっぱらい語」「よっぱらい言葉」について知りたい。
回答
(Answer)
『内外教育 2006年11月21日号』に掲載の「酔っ払い言葉」(児島邦宏 東京学芸大学教授)という記事が質問の主旨にあうようである。その他に回答プロセスに記入の資料を調査するが、該当する記述は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
《Google》のフレーズ検索で〈酔っ払い言葉〉で検索するとZ会の「はてなダイアリー」( http://d.hatena.ne.jp/zkai/20061122  2006/12/06最終確認)他に「酔っ払い言葉」について掲載されている。引用文献は『内外教育』に掲載の児島邦宏氏の記事である。

自館目録を著者〈児島邦宏〉で検索した結果から在館中の8冊を調査するが該当の記述はなし。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈児島邦宏〉で検索した結果99件の論題を見るが、該当すると思われるものはなし。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈酔っ払い言葉〉で検索するが、該当なし。

下記の教育辞典・事典を〈酔っ払い言葉〉〈言葉遣い〉などで調査するが、該当の項目は見つからず。
『教育用語辞典』(ミネルヴァ書房)『教育学用語辞典』『教育小事典』(学陽書房)『教育問題情報事典』『現代教育用語辞典』(北樹出版)『教育名言辞典』『最新教育データブック』『教育思想事典』『最新教育キーワード137』『図解子ども事典』『新教育学大事典』(第一法規出版)

《NDL-OPAC(雑索)》を〈コミュニケーション力〉で検索した結果より『児童心理 826号』(2005.7)に「メールはコミュニケーションをどう変えたか」(野間俊彦 東京都北区赤羽台小学校主幹)という論文あり。p48に「子どもの会話も単文に」という節があり。「トイレ」といった単語による会話をする事例があげられている。ただし「酔っ払い言葉」の記述はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者からの情報によると、教育雑誌(雑誌名は不明)で知った。大学の教員が使っていた言葉。小学生が単語で会話していることを「よっぱらい言葉」と呼んでいた。例:「トイレに行きます」を「トイレ」一言で済ませる。最近使われるようになったのか、造語かはわからない。
調査済み資料:「新語・流行語大全」「現代用語の基礎知識」「imidas」には記述なし。
NDC
言語学  (801 9版)
社会学  (361 9版)
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
児島邦宏「酔っ払い言葉」(『内外教育 2006年11月21日号』時事通信社 2006)
キーワード
(Keywords)
コミュニケーション
会話
語彙-日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000035099解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!