このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20121205-1
事例作成日
(Creation date)
2012年12月05日登録日時
(Registration date)
2013年01月10日 17時05分更新日時
(Last update)
2013年01月11日 09時19分
質問
(Question)
大聖寺藩長流亭にある茶室の写真を見たい。カラーでも白黒でもよい。
回答
(Answer)
文化財建造物保存技術協会編『重要文化財江沼神社長流亭修理工事報告書』重要文化財江沼神社長流亭修理委員会 1978(K526/16)図版9図と13図の「次の間」の写真(白黒)
回答プロセス
(Answering process)
まず、「長流亭」がどういうものか見当をつけるため、Googleで「長流亭」を検索したところ、「長流亭概要:長流亭は宝永6年(1709)大聖藩3代藩主前田利直が藩邸の大聖川沿いに別邸として建てた建物で当初は川端御亭と呼ばれていましたが、利直の雅名から長流亭と称されるようになりました。…藩主別邸の遺構として国指定重要文化財に指定されています。」と紹介するページがヒットした。
http://isitabi.aikotoba.jp/kaga/tyou.html (最終確認日:2012/12/5)

重要文化財なら、『加賀市の文化財』加賀市教育委員会 2007(K709/1026)に載っているだろう、と思って見ると、p6に「江沼神社長流亭」が載っていた。
しかし、茶室の記述はなかった。

牧孝治編『加賀の茶室 増補版』北国出版社 1983(K791/5)p221~223「重要文化財長流亭」のp222に「次の間は茶室としてもちいられたと思われ」との記述があった。

キーワード「江沼神社」で自館資料を検索したところ、『重要文化財江沼神社長流亭修理工事報告書』がヒットした。
しかし、見取図や図版を見ても、茶室は出ていなかった。
そこで、『加賀の茶室 増補版』p222の記述から、「次の間」がそれに該当するのだろう、と判断して回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 9版)
参考資料
(Reference materials)
文化財建造物保存技術協会編『重要文化財江沼神社長流亭修理工事報告書』重要文化財江沼神社長流亭修理委員会 1978(K526/16)
『加賀市の文化財』加賀市教育委員会 2007(K709/1026)
牧孝治編『加賀の茶室 増補版』北国出版社 1983(K791/5)
キーワード
(Keywords)
長流亭
茶室
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000126664解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!