このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福岡県立図書館 (2110014)管理番号
(Control number)
福参-0156
事例作成日
(Creation date)
2006年12月13日登録日時
(Registration date)
2008年01月29日 11時50分更新日時
(Last update)
2008年08月03日 11時52分
質問
(Question)
栄西がお茶の種(実)を中国から持ち帰ったというのが通説だが、木を持ち帰ったという説を聞いた。
時期が7月頃(旧暦)なので、発芽の関係で種や実では育たないのでは?
回答
(Answer)
『茶の大事典』(「お茶の大事典」刊行会 1991 p.8)には栄西の説明に「茶種を将来したといわれる」とある。
『日本のお茶』1 お茶と生産(ぎょうせい 1988 p.76-77)には茶種子を持ち帰ったとある。
『日本茶の伝来』松下智(淡交社 1979 p.125)には、栄西は茶の種子を持ち帰ったといわれるが、茶の種子の発芽力が弱いことから、一考を要する、という記載がある。
『ティーロードを行く』(扶桑社 1988 p.212-214)に「茶種渡来と従来いわれているが、茶樹ではなかったかと思われる」とある。
『茶の起源を探る』(淡交社 1988 p.43-46)には、茶種子の寿命は短いので栄西が持ち帰ったのは種子ではなく、苗木ではないかとの疑問あり。そこで、種子が旧暦7月頃(現在8月頃)に育つか実験を行っている。
『茶の文化史』村井康彦著(岩波書店 1979 p.45-49)に「栄西が持ち帰ったのは茶の種子(実)ではなく、茶の若木ではなかったか」とある。
回答プロセス
(Answering process)
1 茶の関連の資料を調べる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
茶道  (791 7版)
工芸作物  (617 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
栄西
日本茶
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000041371解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!