このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-096
事例作成日
(Creation date)
2011/10/05登録日時
(Registration date)
2012年03月09日 13時32分更新日時
(Last update)
2012年05月31日 18時34分
質問
(Question)
東武線越ヶ谷駅(武州大沢駅を経て、現:北越谷駅)には貴賓室があったとのことだが、いつ出来たのか知りたい。
回答
(Answer)
北越谷駅の貴賓室開設年を明記した資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
国立国会図書館協同レファレンスデータベース「行幸」検索結果に管理番号 埼熊-1994-044「明治天皇の埼玉県行幸について書かれた資料が見たい。」の事例あり。( https://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000017505 最終確認2012/05/31)
県内行幸記録を調査する。

『明治天皇幸手行在所』(中村正三郎 小川徳太郎 1939)
p11「埼玉県下に於ける明治天皇聖蹟(行在所・御小休所)一覧」
東武線開通以前の、明治元年から明治29年までの記録のみ。

『埼玉県行幸誌』(埼玉県総務部秘書課〔編〕 埼玉県 1956)
昭和30年行幸の記録あり。

『明治天皇行幸年表』(矢吹活禅 東京大学出版会 1982)

『明治天皇紀 索引』(宮内庁 吉川弘文館 1977)
p75、244、532、566に埼玉鴨場の記述はあるが、貴賓室についての記述なし。

国立国会図書館リサーチナビ「鴨場」検索結果より
『埼玉県誌 下』(千秋社 1997)
p638-639「行啓 11皇太子殿下埼玉鴨場行啓」
「今回新設の埼玉鴨場へ(略) 明治42年3月28日9時58分「越ケ谷停車場御著車、直に人力車に召され御鴨場へ成らせられ」午後3時58分「越ケ谷停車場発普通列車にて還御あらせらる。」以下、明治42年、同43年、同44年の記述があるが、貴賓室についての記録はなし。明治44年の記録には、「越ケ谷仮停車場」と記述されている。
p640-641に、埼玉鴨場設置について記述があるが、貴賓室についての記録はなし。

その他、埼玉資料室所蔵資料の調査。
『埼玉県行幸啓地域別調査票』([埼玉県]  [1992])
p5「14 越谷市」の項に
「越谷停車場 大正2年12月21日
越谷仮停車場 大正4年12月24日
 同上   大正6年12月16日
武州大沢駅(越谷駅改称) 大正8年12月24日」とあり。
越谷市の項に埼玉鴨場の記録が、上記停車場と同日の他、大正11年に3回、昭和32年に1回、記載されているが、貴賓室についての記述なし。
『RAILWAY100 東武鉄道が育んだ一世紀の軌跡』(東武鉄道社史編集室編 東武鉄道 1998)
[p63]明治37年越ケ谷駅構内/越ケ谷駅写真 あり。貴賓室の記述なし。
『越谷市制施行50周年記念誌』(越谷市制施行50周年記念事業推進市民委員会記念誌作成部会企画・編集 越谷市 2008)
『写真で見る東武鉄道80年 明治・大正・昭和三代の変遷』(東武鉄道株式会社編 東武鉄道 1977)

《埼玉雑索》を〈鈴木徳治〉(事前調査事項に著者として名前があるため)で検索するが、著作確認できず。
〈大沢〉で検索した結果を調査する。
谷岡隆夫・小原勘三郎「大沢きき書き」(『古志賀谷 第10号』p3-8 越谷市郷土研究会 1999.6)
p3-8座談の出席者に「鈴木徳治氏(大沢三丁目)」あり
p5「武州大沢駅」の項に貴賓室の記述あり。ただし、設立年等はなし。
 
《埼玉新聞記事検索》を〈貴賓室〉で検索した結果を調査する。
「駅 私鉄編 114 東武鉄道伊勢崎線 北越谷(下)」(『埼玉新聞 1978年2月24日4面』)
「同駅には三十七年に改築されるまで貴賓室が設けられていた。宮内庁御猟場で鴨狩りをして帰る途中の皇族、大臣などが列車の待ち合わせに利用した。」とあり。
貴賓室開設年の記述はないが、御猟場は明治41年からと紹介されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
ウェブサイト「東武鉄道」の北越谷駅の記述を確認した。( http://railway.tobu.co.jp/guide/station/info/1410.html 最終確認2012/05/31)
駅開業:明治32年8月27日 大正8年武州大沢駅に改名。昭和32年北越谷駅に改名。「近くに宮内省御猟場があり、駅舎に貴賓室が設けられていた」とあり。
「東武鉄道100年史(資料編)」
p324 「明治44年2月21日「宮内省御猟場の便を図り、武州大沢(仮停車場)を設置」の記述あり
「東武鉄道65年史」
上記と同様の記述あり。
「越谷市史」等市の刊行物に駅貴賓室の記述なし。
埼玉鴨場については明治41年12月竣工、明治42年2月28日に皇太子(大正天皇)行啓の記述あり
ウェブサイト「東武鉄道 武州大沢駅から北越谷駅へ」
「武州大沢駅概略図」があり、貴賓室が記されているが、年代の記述はなし。(「レンズを通して知る大沢の町」(鈴木徳治氏著 平成15年10月)から引用されている。)
http://bc3456de.sakura.ne.jp/newpage43.htm
NDC
鉄道運輸  (686 9版)
関東地方  (213 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
東武線越ヶ谷駅
東武線武州大沢駅
東武線北越谷駅
貴賓室
埼玉県-行幸
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000103365解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!