このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2008-055
事例作成日
(Creation date)
2008/10/22登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年04月04日 12時46分
質問
(Question)
昭和43年(1968)に建築された浄水場(給水対象人口1,5000人規模)が、同規模のものを建てるとしたら現在ではいくらぐらいか。
回答
(Answer)
①資材物価、②埼玉県内の浄水場に関するWeb上の文献情報を以て回答に代える。
①資材物価に関する資料
『建設資材データベース 2006』 「浄水場」に区分分けされたものではない。
『積算資料』(月刊)『建築施工単価』(季刊)『土木施工単価』(季刊)年度版『土木施工単価の解説』『建設物価』(月刊)『土木コスト情報』(『建設物価』の臨時増刊 年4回発行)などは、上水道もしくは浄水場の資材や建築と明記された項目はなし。
②埼玉県内の浄水場に関するWeb上の文献情報
《埼玉県のホームページ》に、「企業局の当初予算」として平成18年度以降の年度当初予算状況あり。「決算状況」が平成13年度~18年度まで掲載あり。浄水場の規模は比較できないが、埼玉県で建設中の「新三郷浄水場高度浄水施設建設工事」(平成22年稼働予定)が盛り込まれており、建設工事の契約金額の記載がある。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A90/BC00/h18/kessan/kessan.html  2008/10/22確認)
また、「平成18年度公営企業会計予算(当初)」あり。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A90/BC00/tousho-yosan/doc/18yosan.pdf  2008/10/22確認)
回答プロセス
(Answering process)
①各誌の出版社と連動したWebサイト
《建設総合ポータルサイト けんせつPlaza》《Web建設物価》
その他、回答の各誌や『土木技術』(月刊)などを含めて雑誌記事索引で関連記事がないかを調べる。
《国会図書館雑誌記事索引》を〈浄水場 & 2001~〉で検索すると187件あるが、該当記事なし。
《MAGAZINE PLUS》を〈浄水場 & 建築費〉〈浄水場 & 建設費〉などのキーワードで検索したがなし。
参考となるWebサイト
《財団法人建設物価調査会》《建設 Navi》

②《国会図書館 調べ方案内》を〈建設物価〉で検索すると18種の文書が掲出される。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme.html  2008/10/22確認)

その他の調査済資料
『水道年鑑 2008年版』(水道産業新聞社 2007)『建築統計年報 平成19年度版』(国土交通省総合政策局情報管理部情報安全・調査課建設統計室 建設物価調査会 2007)『土木工事の積算 改訂9版 積算ハンドブックシリーズ』『よくわかる土木工事積算の実例』『全国浄水場ガイド 安全・安心・安定わが国の浄水場最前線』(水道産業新聞社 2004)など。
事前調査事項
(Preliminary research)
インターネットで建築物価の推移を調べてみたが、回答は得られなかった。国会図書館の蔵書検索で参考図書を調べたが、分からなかった。
NDC
建築計画.施工  (525 9版)
衛生工学.都市工学  (518 9版)
参考資料
(Reference materials)
『建設資材データベース 2006』
『積算資料』(月刊)
『建築施工単価』(季刊)
『土木施工単価 年度版』(季刊)
『土木施工単価の解説』
『建設物価』(月刊)
『土木コスト情報』(『建設物価』の臨時増刊 年4回発行)
キーワード
(Keywords)
浄水場
建設費
建築積算
建築材料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000052569解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!