このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109825
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20120704-4
事例作成日
(Creation date)
2012年07月04日登録日時
(Registration date)
2012年08月10日 13時58分更新日時
(Last update)
2012年08月12日 10時08分
質問
(Question)
石川県内の私塾についての文献を教えてほしい。
回答
(Answer)
①『石川県大百科事典』(1993年、北国新聞社、K030/7)p.474「私塾」の項に、石川県内の、主として藩政期の私塾についての記載がある。
②ここに『旧藩学校沿革調』という資料が紹介されている。この資料は当館の貴重書庫に納められている。
③『旧藩学校沿革調』について論述した文献として、『旧藩学校沿革調について』(1987年、寺畑喜朔著、北陸医史学同好会、K372/28)がある。
④『石川県教育史 第1巻』(石川県教育史編さん委員会編、1974年、石川県教育委員会、K372/13/1)の「第三章 庶民教育の発達」に「第一節 私塾・寺子屋の発達」がある。(同書には、藩学、郷学等についての記載もある。)
⑤『日本の私学』(1960年、石川県私学連合協会、K372/4)p.12-20に「寺子屋と家塾」の記載あり。 
⑥『金沢市史 資料編15 学芸』(2001年、金沢市、K222/125/2-15)の「第三編 学事」「第一章 藩政期の学術・教育・出版」「第二節 学校・出版と西洋文化摂取」「二 私塾・寺子屋」(p.491~499)にも記載あり。
⑦『日本教育史資料 九』(1904年、文部省、372.1/11/9)の「巻二十四(p.4~17)にも石川県の「私塾寺子屋表」が載っている。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
幼児.初等.中等教育  (376)
参考資料
(Reference materials)
『日本教育史資料 九』(1904年、文部省)
『旧藩学校沿革調について』(1987年、寺畑喜朔著、北陸医史学同好会)
『石川県教育史 第1巻』(石川県教育史編さん委員会編、1974年、石川県教育委員会)
『日本の私学』(1960年、石川県私学連合協会)
『金沢市史 資料編15 学芸』(2001年、金沢市)
『石川県大百科事典』(1993年、北国新聞社)
キーワード
(Keywords)
私塾
石川県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000109825解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!