このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000099066
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20111220/931
事例作成日
(Creation date)
2011年12月20日登録日時
(Registration date)
2012年01月04日 10時31分更新日時
(Last update)
2012年01月24日 19時27分
質問
(Question)
『日本城郭大系 7 新潟・富山・石川』新人物往来社 1980(526.2/59/7)p485掲載の図「90 小松城古図(県立図書館蔵)」は、いつ頃のものか。
回答
(Answer)
写した年代は不明だが、内容年代は承応元年(1652)より後である。
回答プロセス
(Answering process)
まず、この図が当館所蔵の何かを確認した。
図をよく見ると、右端の上方に「小松御城二三…」と書かれている。「小松御城」で蔵書検索したところ、『小松御城二,三之御丸絵図』(K391/18)がヒットした。現物を見ると、まさしくこの図だった。

次に年代だが、書誌にも現物にも記されていない。『新修小松市史 資料編1 小松城』小松市 1999(K226/1001/2/1)p349「承応元年(1652)加州小松城之図」の解説に、「三之丸(後の二之丸)」「大手(後の三之丸)」とあることに着目した。
『小松御城二,三之御丸絵図』とp352「三之丸拡大図」およびp353「大手拡大図」を見比べると、前者の「二之御丸」「三之御丸」がそれぞれ後者の「三之丸」「大手」だった。
これにより、年代は承応元年(1652)より後だと言うことができる。

なお、『新修小松市史 資料編1 小松城』p345に「小松城の史料として確認されている絵図は前田利常が自分の養老城として増改築したものを描いた承応元年(1652)以降の絵図である。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各種の建築  (526 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本城郭大系 7 新潟・富山・石川』新人物往来社 1980(526.2/59/7)
『小松御城二,三之御丸絵図』(K391/18)
『新修小松市史 資料編1 小松城』小松市 1999(K226/1001/2/1)
キーワード
(Keywords)
小松城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000099066解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!