このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021965
提供館
(Library)
紙の博物館図書室 (4210001)管理番号
(Control number)
050501001
事例作成日
(Creation date)
2005/05/01登録日時
(Registration date)
2005年06月01日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年08月08日 16時56分
質問
(Question)
羊皮紙に似せた紙である「パーチメント紙」は19世紀後半にはすでに作られていたのか。
回答
(Answer)
1853年頃イギリスにて発明され1861年にはドイツ人ホフマン氏により工業的製造を開始されていたとのこと。
回答プロセス
(Answering process)
蔵書にて調査
事前調査事項
(Preliminary research)
羊皮紙
パーチメント(parchment)ともいう。一般に牛・羊・山羊の子の皮からつくった書写材料。その上製はヴェラム(vellum)とも呼ばれる。「世界大百科事典」

パーチメント紙(Parchment paper)
化学パルプを主体とした低密度で吸収性に富む硫酸紙原紙を硫酸中に通してつくる、耐油性、耐水性に富む紙。
外観が似ているのでパーチメント紙とも硫酸紙ともいう。バーター・マーガリン・魚肉の包装紙ほか、造花・工芸用の用途もある。「オールペーパーガイド」
NDC
パルプ.製紙工業  (585 9版)
参考資料
(Reference materials)
「加工紙製造法」 増訂版 片倉健四郎著 芳文堂 1935
「世界大百科事典」 平凡社 1981
「オールペーパーガイド」 紙業タイムス社 1983
キーワード
(Keywords)
羊皮紙
パーチメント紙
パーチメント
parchment
硫酸紙
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000021965解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!