このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000076753
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-162
事例作成日
(Creation date)
2010/12/16登録日時
(Registration date)
2011年01月19日 02時00分更新日時
(Last update)
2011年01月19日 02時00分
質問
(Question)
元禄3(1690)年12月9日に京都で大火事があった。そのことについて記述されている資料をみたい。
回答
(Answer)
『日本災変通志』によると、元禄3年12月9日の京都大火は、新町通から出火し、南北二町、東へ六町余りが焼失したとされている。また、『火消暦』によると、禁裡付近より出火し、千余戸を焼失したとされている。
回答プロセス
(Answering process)
(1)災害史関連の資料を調べた。

(2)『日本災変通志』p398の元禄3年12月9日の項に、「京都火災(実記)」「京都大火。新町通り出火。南北ニ町、東へ六町余焼失す(年代著聞集七)」と記載されていた。

(3)「実記」は『国史大系 第43巻 徳川実紀 第6篇』を参照したが、(2)の情報以上のことは記載されていなかった。また、「年代著聞集」は当館所蔵なしのため確認できなかった。

(4)『火消暦』p23の元禄3年12月9日の項に、「京都大火、禁裡付近より出火、千余戸を焼失」と記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
行政  (317 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本災変通志』 池田正一郎著 新人物往来社 2004.12 746p (当館請求記号210.17/I32)
『国史大系 第43巻 徳川実紀 第6篇』 黒板勝美編輯 吉川弘文館 1931 752p (当館請求記号210.08/KO53/43)
『火消暦 自慶長6年(1601)至明治7年(1874)』 小池猪一著 国公立所蔵史料刊行会編 誠文図書 1979 72p (当館請求記号Y/317.79/002082)
キーワード
(Keywords)
京都大火
火事
災害
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000076753解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!