このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150251
提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00714
事例作成日
(Creation date)
2013年10月22日登録日時
(Registration date)
2014年03月05日 16時51分更新日時
(Last update)
2014年03月11日 11時34分
質問
(Question)
昔の木崎村役場について知りたい。
(1)木崎村役場の庁舎は、後に領家公民館として使用されたようだが、その位置や変遷について知りたい。
(2)現在の領家公民館の西側にある長覚院児童遊園の園内に、「天台宗長覚院」と表示された石柱が立っている。
   この石柱の裏に「埼玉縣北足立郡木崎村役場」の文字が刻まれているが、この石柱は当時の木崎村役場の門柱だったのか。
   長覚院の石柱となった経緯を知りたい。
回答
(Answer)
(1)領家公民館の前身は木崎公民館で、木崎公民館は昭和21年12月から昭和27年4月までには市役所木崎出張所(現在の浦和消防署木崎出張所)に併設されていた。

(2)調べつかず。
回答プロセス
(Answering process)
(1)について
・領家公民館や、近隣の小学校の記念誌などを見てみる。
 『木崎小百年のあゆみ』 浦和市立木崎小学校開校百周年記念実行委員会/編 浦和市立木崎小学校 1974
   p.71に、木崎小学校近辺の手描きの地図があり。
     木崎小学校の南側に長覚院らしきお寺があり、その南の通りに面したところに役場があったらしい。
     「役場→市出張所→木崎公民館」と書かれている。

 『浦和市立大東公民館創立36周年記念誌』 浦和市立大東公民館創立記念事業実行委員会 1989
   p.5 「大東公民館36年の歩み」の年表中
    昭和21年12月 木崎公民館と称し、木崎小学校を事務所として発足
            市役所木崎出張所(現東消防署木崎出張所の位置)2階に公民館移転
    昭和29年2月  木崎公民館は、木崎公民館・領家公民館(西領家・立野)の2館にそれぞれ独立する と記載あり。

 『社会教育要覧 1967』 浦和市教育委員会 1968
   p.28~ 浦和市においては昭和21年11月中央公民館(市役所総務課)、(略)、12月谷田公(小学校)、木崎公(小学校)、…の7館が設置され発足した。(略)
        昭和28年3月上木崎公(新築)が木崎公より分かれた。(略)
        昭和29年2月木崎公が領家公(出張所)と改称し、(略)昭和37年領家公民館が老朽化したので、建物を解体し、その敷地に日本住宅公団の特定分譲施設として、鉄筋コンクリート造5階建の一階に消防署と公民館が建築された。と記載あり。

・『浦和市史 第4巻[1] 近代史料編』 浦和市総務部市史編さん室/編 浦和市 1975
   p.152に、明治41年に出した木崎村役場位置変更の文書あり。
     明治41年9月16日に、大字領家字南箇1332番の1から北足立郡木崎村大字領家字立野422番の1に移転したことが書かれている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
さいたま市浦和区
木崎公民館
領家公民館
木崎村役場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000150251解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!