このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014076
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D1996F3667
事例作成日
(Creation date)
19960614登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2005年11月09日 17時55分
質問
(Question)
林芙美子の「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」という短詩のつづきが、「されど花は咲くなり人(蝶)は舞うなり」らしいが確実なものかどうか。
回答
(Answer)
『林芙美子全詩集』 板垣直子解説 神無書房 1966 254p <当館請求記号 911.56-H3682h>

上記資料に「未発表の詩稿」という章があり、247ページに

 花のいのちは みじかくて
 苦しきことのみ 多かりき

という詩が掲げられていますが、この詩に続く詩句は記されていません。

同書に「解説-林芙美子の詩業」(板垣直子)という章があり、その250ページに以下の文書が記されています。

「本書は『面影』にのっている詩類の他に、未発表の草稿もふくむ。色紙、俳句が主だ。色紙にかいて人におくったり、即興的にかきとめておいた詩句は、芙美子が生前いろいろな場所で、それこそ乞われてかき、方々に散っているらしいので、今急に集めることができない。(中略)あの色紙にかいた言葉として、広く知られ、芙美子の文学碑にさえ刻まれている
 花のいのちはみじかくて
 苦しきことのみ多かりき
という名文句なども、意味と表現法ともに、容易にうまれる種類ではないとおもう。芙美子はこの一句をのこすために生まれてきたような感じもする。」

以上のほか、林芙美子の『放浪記』を原作とした戯曲やシナリオ、林芙美子をモデルとした小説、林芙美子の文学碑等について調査しましたが、「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」のみの表記であり、これに続く詩句を記した資料は見当たりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『日本名句辞典』(大修館)
『日本文学全集 林芙美子集』(集英社)
県立図書館照会済み
『新潮日本文学アルバム』(新潮社)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
林芙美子全詩集 板垣直子解説 神無書房 1966 254p <911.56-H3682h>
キーワード
(Keywords)
林芙美子
日本詩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014076解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!