このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049845
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
B2008F0221
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2008年12月20日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年12月25日 18時00分
質問
(Question)
噴水のしくみを調べています。できれば、水の中(池の中)で、かつ電気がいらない噴水について記述されているものをご紹介ください。
回答
(Answer)
1. 和図書
 当館NDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )の「一般資料の検索/申込み」にて、和図書を件名「噴水」で検索した結果の中から、東京本館所蔵の以下の図書について調査しました。【 】内は当館請求記号です。

『噴水史研究』 噴水史研究会編纂 佐藤昌著 インタラクション/環境緑化新聞社 1999 501p 【KA427-G8】
『アクアスケープ. 2』 プロセスアーキテクチュア 1994 224p 【KA424-E20】
『水の環境芸術 : アメニティ空間の創造』 樋口正一郎編著 柏美術出版 1991 168,34p 【KA427-E9】
『アクアスケープ:水の造景』 伊藤美和子〔ほか〕編 プロセスアーキテクチュア 1990 207p 【KA424-E20】
『水のデザイン』 D.ベーミングハウス著 鈴木信宏訳 鹿島出版会 1983 208p (SD選書) 【KA421-182】

 『噴水史研究』以外は噴水を含む親水施設の写真集であり、噴水の水理や構造について詳細な説明はありませんでした。『噴水史研究』も国内外の噴水の例(写真)とその解説が主で、噴水の水理や構造にまで言及している箇所は少ないですが、以下の江戸時代の大名庭園の噴水2例については水理の図を含めてかなり詳しく解説されています。

金沢兼六園内の噴水 p.358-367 
水戸、偕楽園の噴水 p.368-373 

2. 雑誌記事・論文
 当館NDL-OPACの「雑誌記事索引の検索/申込み」を、キーワード「噴水」で検索した結果の中に、噴水設計に関する水理や用品についての基本的な文献として以下がありました。

望月秀夫「噴水設計の基本計画」『空気調和・衛生工学』43(1) 1969.1 p.4-10 【Z16-99】
国田徹夫、富澤清治「噴水装置用機器について」『空気調和・衛生工学』43(1) 1969.1 p.24-31 【Z16-99】

 いずれも現代の噴水に関するもので、完全に「電気がいらない」噴水を解説した文献となるとやはり近代以前の噴水になってしまいます。例えば、以下のような例です。
中島智章「ヴェルサイユ庭園の給水設備について--マルリーの機械の技術と成果」『日本建築学会計画系論文集』(568) 2003.6 p.167-171 【Z16-107】

 「手作りの噴水」については、以下の例がありました。
吉田 紘「交互に飛び出す噴水(手作りのページー9- グラビア)」『科学朝日』34(9) 1974.9 p.92-94 【Z14-73】
 ただし、この例の水源は水道の蛇口で「池の中の噴水」の例ではありません。上水道も送水、揚水に電気ポンプが使用されているはずなので、「電気がいらない」例に該当するかは、貴館のご質問に「電気がいらない」とする範囲が具体的に記されていないため、判断不能です。

 NDL-OPACの最終アクセス日は、2008年3月31日です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
造園  (629 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
噴水
しくみ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000049845解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!