このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014084
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D1998F3357
事例作成日
(Creation date)
19980602登録日時
(Registration date)
2005年02月02日 02時13分更新日時
(Last update)
2005年11月09日 18時25分
質問
(Question)
「厄」の起源について調べる上で参考となる文献。
回答
(Answer)
「厄」を主題としてまとめられた文献としては、すでにご調査済みの佐々木勝著『厄除け』がある程度で、お尋ねの件に該当する文献は見当たりません。また、日本の「陰陽道」、およびこれに遡る中国の「陰陽五行説」関連の日本語文献についても調査しましたが、「厄」に言及されているものは見当たりませんでした。
なお江戸時代以前の関連文献を調べるための資料として『古事類苑』がありますが、立項は以下のようになっています。

『古事類苑』 神宮司廳蔵版 吉川弘文館 複製 <当館請求記号 UR1-G8>
  「厄年」 方技部 p.208-214
  「厄月」 同   p.214
  「厄払」 天部・歳事部 p.1395-1397


**************

上記回答後、以下の関連資料が刊行されている。(2004年1月15日記)
(1)『日本民族大辞典 上下』 福田アジオ〔ほか〕編 吉川弘文館 1999-2000 <GB8-G36> 
   *下巻 716p に「厄」が立項されている(佐々木勝)
(2)『お葬式をどうするか』 ひろさちや PHP出版 2000 <GD24-G55>
   *p.43に、厄が「役」に通ずるとの説がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
佐々木勝『厄除け』(名著出版)
NDC
相法.易占  (148 9版)
参考資料
(Reference materials)
古事類苑 神宮司廳藏版 吉川弘文館 複製 <UR1-G8>
キーワード
(Keywords)
陰陽道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014084解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!