このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000203663
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M16110214283464
事例作成日
(Creation date)
2016/11/02登録日時
(Registration date)
2016年12月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年12月19日 00時31分
質問
(Question)
江戸時代の屋台の禁止事項はどのようなことがあったか。
回答
(Answer)
「江戸の食空間」p.16に江戸のファストフードとして屋台について記述がある。当時の屋台は今のように車がついておらず、据え置き型で大名行列が通るなどの時、必要に応じてたたんで移動していた。てんぷらなどの火と油を扱う者は火事を警戒して外での営業しか許可されておらず、自宅で商売をする場合も家の前の道路で行うこととされていたという記述がある。
「江戸の食文化」p.124に貞享三年(1686)にはうどん・蕎麦など何によらず、火を使う移動販売を禁止する。一定の場所で商売をする場合はかまわないが、火の元には十分注意するように、との御触書が出されており、元禄十二年(1699)の町触には、上記の内容と同趣旨を述べたのち、風が強いときには店での煮売りはやめるようにと指示していると記載がある。
「江戸生活事典」P.199~200にかけて煮売りの行商について書かれており、何時から何時からという拠りどころはないが、寛文元年十二月二十三日に、煮売りの夜商いをしてはならぬという禁止が出ていること、また、寛文十年七月には午後六時以降は商いを禁じていると記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
大久保洋子『江戸の食空間』 講談社,2012,231p. 参照はp.16-17.原田信男『江戸の食文化』 小学館,2014,207p. 参照はp.124.
稲垣史生『江戸生活事典』 青蛙房,2007,561p. 参照はp.199-200.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2016110214254383464
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000203663解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!