このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-008
事例作成日
(Creation date)
2014年11月02日登録日時
(Registration date)
2015年04月10日 16時36分更新日時
(Last update)
2015年06月30日 14時54分
質問
(Question)
栗橋の江戸初期の人物、並木五郎兵衛について次の2点が知りたい。(1)没時の年齢 (2)その他の情報
回答
(Answer)
並木五郎兵衛は、史料により並木五良平や並木五郎平と表記されている。
(1)について いずれの史料も生年が書かれていないか不明のどちらかであり、没時の年齢はわからなかった。

(2)について 以下の資料を紹介した。ただしいずれも『新編武藏風土記稿』『武蔵国郡村誌』などを出典としていると思われ、目新しい情報は少ない。
『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)
 〈なみき ごろべい 並木五良平〉不明-明暦1(1655)『栗橋町歴史年表』と同じ簡易な解説のみ。
『久喜市栗橋町史 民俗3 町場と農村の暮らしと信仰』(久喜市教育委員会 2011)
 p3 並木五郎平について『栗橋町歴史年表』解説と同様の記述のみ。
 p7「深廣寺」の項に『新編武藏風土記稿』による説明あり。承応二年(1653)に建立された「六面塔二十一基」に関する伝承について記載あり。

『新編武蔵風土記稿 [第3期] 2』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)
 p218〈栗橋宿〉の項に五郎平の名前あり。内容は『栗橋町歴史年表』の解説と同様。
 p219〈深廣寺〉の項に五郎平の名前と『久喜市栗橋町史 民俗3』と同様の記載あり。

『栗橋町の歴史と文化財』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1982)
 p33-34 並木五良平についてのやや詳しい解説あり。並木五良平の墓、五良平橋の写真あり。
 p253 〈深廣寺〉の項に「開基 並木五郎平光盛(元和元年)」とあり。

『栗橋町史資料 1 地誌』(栗橋町教育委員会編 栗橋町教育委員会 2007)
 p4、6『新編武蔵風土記 巻38 葛飾郡之十九 島中川辺領 ○栗橋宿』に並木五郎平に関する記述あり。
 p25『武蔵国郡村誌 ○栗橋宿』に並木五郎兵衛に関する記述あり。
 p32『武蔵国郡村誌 ○栗橋宿』〈開墾家〉池田鴨平の項に、並木五郎平に関する記述あり。
 「慶長19年鴨之助、村民並木五郎平と謀り当所を開墾し、竟に一村落をなし、栗橋に対して新栗橋と号す」
 p111『寺院明細帳』に深廣寺(じんこうじ)あり。「元和元卯年(1615)月日不詳、檀徒ノ輩之を創立す」

『栗橋の社寺』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1987)
 p75-77〈深廣寺〉並木五良平について記述あり。

『栗橋の地名 もじずり叢書 1』(もじずり叢書刊行会 1994)
 「栗橋の地名(22)」並木五良平について記述あり。

『日光道中 歴史の道調査報告書 3』(埼玉県教育委員会 1985)
 p31 並木五郎平の名前あり。

『日光街道 街道を歩く 1』(のんぶる舎 1999)
 p97 並木五郎平の名前あり。

『埼玉ふるさと散歩 日光道・古利根流域編』(さきたま出版会 2001)
 p74、77 並木五郎平の名前あり。
回答プロセス
(Answering process)
質問者の事前調査事項を確認する。

『栗橋町歴史年表』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1993)
 「並木五郎平の墓(なみきごろべえのはか)昭和53年3月29日指定 栗橋東3-7-24 深廣寺
 並木五郎平(五郎兵衛)は、『新編武藏風土記稿』によれば、池田鴨之介と共に、幕府に願い出て、慶長年間(1596~1614)に、下総国の栗橋村(現茨城県猿島郡五霞町元栗橋)より村民を引連れ、後の栗橋宿となる上河辺新田を開墾しました。また、深廣寺の開基となり、山内の「六角名号塔」の建立に協力し、明暦元年(1655)11月18日に没しました。法名を「梅香院光盛」といいます」とあり。
 編集後記に「(略)今回、保存する方法がなかったので使用した古文書・参考図書・図書・文書コピーなどはすべて所蔵者に返却した」とあり。

質問に関する記述のない資料
『足立家・加藤家・島田家文書目録 栗橋町近世文書目録 2』(栗橋町教育委員会 1972)
『松本家書簡目録』(五霞村教育委員会 1995)
『五霞の古文書 五霞村の歴史資料 2』(五霞村教育委員会 1996)
事前調査事項
(Preliminary research)
《市指定文化財・史跡》( http://www.city.kuki.lg.jp/miryoku/rekishi_bunkazai/shishitei/shiseki.html#cmsnamiki  久喜市)
『栗橋町歴史年表』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1993)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)
『久喜市栗橋町史 民俗3 町場と農村の暮らしと信仰』(久喜市教育委員会 2011)
『新編武蔵風土記稿 [第3期] 2』(蘆田伊人編集校訂 雄山閣 1977)
『栗橋町の歴史と文化財』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1982)
『栗橋町史資料 1 地誌』(栗橋町教育委員会編 栗橋町教育委員会 2007)
『栗橋の社寺』(栗橋町文化財保護審議調査委員会編 栗橋町教育委員会 1987)
『栗橋の地名 もじずり叢書 1』(もじずり叢書刊行会 1994)
『日光道中 歴史の道調査報告書 3』(埼玉県教育委員会 1985)
『日光街道 街道を歩く 1』(のんぶる舎 1999)
『埼玉ふるさと散歩 日光道・古利根流域編』(さきたま出版会 2001), ISBN 4-87891-077-1
キーワード
(Keywords)
栗橋町 (埼玉県)-歴史-史料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000170638解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!