このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2010-003
事例作成日
(Creation date)
2010/03/03登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2015年05月27日 13時01分
質問
(Question)
大河内金兵衛久綱について書かれた資料が見たい。
回答
(Answer)
大河内金兵衛久綱は寛永年間の羽生領の代官で『羽生市史』などに記述あり。忍城の城代も務め、寛永4年(1627)-11年現羽生市を検地した記録が残っている。また『干城録』などにも記述がある。
記述のあった資料は次のとおり。
①『羽生市史 上』(羽生市史編集委員会編 羽生市 1971) 
p283 羽生の代官として名前あり。
p284、286 小松、名の三地区の支配状況に記載あり。
小松 慶長19(1614)-寛永16(1639) 大河内金兵衛
名 寛永5(1628)-寛永20(1643) 大河内金兵衛
p287-289 「大河内金兵衛久綱は、羽生領の代官で…」と、支配地、簡単な経歴、残っている文書(『新編武蔵風土記稿』『寛政重修諸家譜』)などについての記載あり。
p306 忍城の解説に、慶長5年幕府直轄で城代をおく番城となり、「(元和)七年に至って大河内金兵衛が城代となり、寛永三年(一六二六)三月まで続く」とあり。(元和7年(1621年))
p307 「寛永四年(一六二七)十一月から寛永十年(一六三三)五月まで、大河内金兵衛久綱が城代となる。大河内金兵衛は、羽生領の代官で羽生領をはじめ忍領の各村の検地を行なっている。代々金兵衛を襲名し秀綱の子が久綱である。」
p367 川俣関所の記述に「慶長十五年辰年関東地方御奉行大河内金兵衛殿御預り」とあり。
p480-482 『新編武蔵風土記稿』からとして、羽生市の検地に関し記載あり。
その他、p485、p492、p496-503、p526などにも記述あり。   
②『羽生市史 追補』(羽生市史編集委員会編 羽生市 1976)
巻末に上下巻の索引あり(追補の索引はなし)。
p434(上巻索引)「大河内金兵衛」の項あり。
p80 用水路関連資料に「元和九亥年大河内金兵衛様御代官…」と記載あり。
p90 「日向用水堀」の項に「是ハ寛永十二年大河内金兵衛様御掛り…」と記載あり。
p91にも記載あり(寛永十一年)。
p93 「利根川古今沿革取調書」の記載で、忍領上新郷・須加村・下中条村・坂巻村の沿革に「慶長五年より代官大河内金兵衛支配セリ」とあり。
p94 上記史料の羽生領稲子村の沿革に「慶長十九年ヨリ御料地ニナレリ」「大河内金兵衛 慶長年度」と記載あり。
③『干城録 9』(林亮勝校訂 坂本正仁校訂 人間舎 2000) 
p58-62 若年寄堀田正敦が編纂した旗本の伝記。「大河内」の項あり。大河内金兵衛久綱についての記載あり。出典(『家譜』『寛永譜(寛永諸家系図伝)』など)も明記されている。
④『寛政重修諸家譜 4』(高柳光寿編 続群書類従完成会 1964)
p392 「(大河内)久綱」の項あり。10行程度の解説あり。
⑤『寛永諸家系図伝 1』(日光東照宮社務所編纂 日光東照宮社務所 1989)
p485 「「(大河内)久綱」の項あり。6行程度の解説あり。
⑥『行田市史 下』(行田市史編纂委員会編 行田市 1964)索引あり。
p51-52 大河内金兵衛(久綱)についてわずかに記述あり。
⑦『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1983)
p838「勘定奉行」の項に掲載されている勘定奉行一覧に「大河内久綱」の名前あり。転免は寛永15.12.5(この一覧表は『柳営補任』をもとに他の資料と照合して作成されたもの)
⑧『日本史大事典』(平凡社 1994)
第7巻 索引(大河内久綱) 以下の2項目あり
第2巻 p540「勘定奉行」の項に「大河内久綱」の名前あり。通称「金兵衛」在籍期間「?-1638」とあり。
第6巻 p318「松平氏 まつだいらうじ」の項に【松平氏略系図】あり。その中に「大河内久綱」の名前あり。父は大河内秀綱(年代等は不明)。
回答プロセス
(Answering process)
《Wikipedia》の「大河内久綱」の項を参考に調査する。
歴史関係事典(回答中⑦⑧)をあたる。
《レファ協DB》の「埼熊-2008-148」「羽生市須影にあった蓮華寺(廃寺)について知りたい。」の事例により、『羽生市史』に質問の人物に関する記述があることがわかり、回答資料①②を確認する。
旗本の伝記を確認する。(回答資料③④⑤)
忍城の城代であったことから回答資料⑥を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
『国史大系』(黒板勝美 吉川弘文館)
NDC
個人伝記  (289 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『羽生市史 上』(羽生市史編集委員会編 羽生市 1971)
『羽生市史 追補』(羽生市史編集委員会編 羽生市 1976)
『干城録 9』(林亮勝校訂 人間舎 2000)
『行田市史 下』(行田市史編纂委員会編 行田市 1964)
『国史大辞典 3』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1983)
『日本史大事典』(平凡社 1994)
キーワード
(Keywords)
大河内 久綱(オオコウチ ヒサツナ)
羽生市-埼玉県
代官-江戸時代
郷土史料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000071166解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!