このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2014-086
事例作成日
(Creation date)
2014/06/11登録日時
(Registration date)
2014年11月09日 12時57分更新日時
(Last update)
2015年01月15日 16時36分
質問
(Question)
秋庭大膳亮(あきばだいぜんまこと)について書かれた資料を探している。
江戸初期の旗本で、元禄時代に伊奈備前守の下利根川改修工事に従事し、現在の古河市部分を担当したらしい。
回答
(Answer)
秋庭大膳亮に関する記述はいくつかの資料で見られるが、時代は天正から正保年間であり、身分も旗本ではなく名主で里正を勤めたとなっている。
このことについて記述のある以下資料を提供した。

『埼玉苗字辞典 1』(茂木和平著 2004) 
 p108〈秋庭〉の項に記述あり。
『武蔵国郡村誌 14』(埼玉県編 埼玉県立図書館 1955)
 p432-434(葛飾郡)〈小右衛門村〉
 p434「開墾家」の項に記述あり。
『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 11』(平凡社 1993)
 p1068(北葛飾郡栗橋町)「小右衛門村こえもんむら(現栗橋町小右衛門)」の項に記述あり。
『栗橋の地名 もじずり叢書 1』(桐生清著 もじずり叢書刊行会 1994)
 p16「栗橋の地名 小右衛門」の項に記述あり。
『栗橋の社寺』(栗橋町教育委員会 1987) 
 p52「小右ェ門川通神社」の項に記述あり。
『埼玉の神社 大里・北葛飾・比企』(埼玉県神社庁 1992)
 p704「川通神社」の項に記述あり。
『栗橋町史資料 1 地誌』(栗橋町教育委員会 2007)
 p45「武蔵郡村誌」「小右衛門村」及びp110「神社明細帳」「川通神社」の項に記述あり。
『久喜市栗橋町史 民俗3』(久喜市教育委員会 2011)
 p93「小右衛門の鎮守神社」「川通神社」の項によると、由緒として「慶長年中に秋庭大膳亮が大山村(現在の古河市大山)から引き移り、上伊坂村の香取神社を勧請したのが始まりという。」「『神社明細帳』で、当初の勧請者が秋庭大膳亮としているが、『郡村誌』でも大膳大夫が関係しており、さらに現在の氏子総代も秋庭家が代々務めている。」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
『埼玉苗字辞典 1』の記述を手がかりに、旧栗橋町関係の地名・町史類、埼玉関係の地名事典類を調査した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉苗字辞典 1』(茂木和平著 2004)
『武蔵国郡村誌 14』(埼玉県編 埼玉県立図書館 1955)
『埼玉県の地名 日本歴史地名大系 11』(平凡社 1993), ISBN 4-582-49011-5
『栗橋の地名 もじずり叢書 1』(桐生清著 もじずり叢書刊行会 1994)
『栗橋の社寺』(栗橋町教育委員会 1987)
『栗橋町史資料 1 地誌』(栗橋町教育委員会 2007)
『久喜市栗橋町史 民俗3』(久喜市教育委員会 2011)
『埼玉の神社 大里・北葛飾・比企』(埼玉県神社庁 1992)
キーワード
(Keywords)
旧栗橋町 (埼玉県)-歴史-史料
秋庭大膳亮(あきばだいぜんまこと)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000161944解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!