このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000244343
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-050
事例作成日
(Creation date)
2017年01月12日登録日時
(Registration date)
2018年10月24日 16時50分更新日時
(Last update)
2019年03月22日 14時20分
質問
(Question)
真田幸村の父・昌幸の家臣について知りたい。
回答
(Answer)
真田昌幸の家臣について、以下の資料に記述があった。
『真田昌幸 人物叢書 新装版』(柴辻俊六著 吉川弘文館 1996)
 p149-156「三 家臣団の編成」
  「昌幸の家臣団については、その基本は幸隆・信綱から引き継いだ譜代家臣層であって、その構成は矢沢・常田氏らの一族衆と河原・春原(すのはら)・宮下・深井・矢野・丸山氏らの真田譜代衆が中心であった。これに昌幸の代になって帰属した旧武田給人の大熊・浦野・海野・鎌原・池田氏らが外様として加わって家臣団の中核となっていた」とあり。また、これ以外の家臣についても詳しい記述あり。
『真田一族』(小林計一郎著 新人物往来社 1979)
 p90-91 昌幸が沼田城を請け取るため、城に乗りこんだ時の様子が家臣の名前と共に記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1 自館目録を〈真田〉〈真田昌幸〉で検索する。
『真田昌幸 人物叢書 新装版』(回答資料)
『真田一族』(回答資料)
『新編信濃史料叢書 第15巻 真田家御事蹟稿』(信濃史料刊行会 1977)
 p335-354「長国寺殿御事蹟稿 巻之九」
 従者の人数について記載あり。
『新編信濃史料叢書 第16巻 真田家御事蹟稿』(信濃史料刊行会 1977)
 p1-13「「長国寺殿御事蹟稿 巻之十一」
 数名の従者について記述あり。

〈その他調査済み資料〉
『真田昌幸のすべて』(小林計一郎編 新人物往来社 1999)
『戦国史料叢書 第2期2 真田史料集』(人物往来社 1966)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年1月12日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『真田昌幸 人物叢書 新装版』(柴辻俊六著 吉川弘文館 1996), ISBN 4-642-05202-X
『真田一族』(小林計一郎著 新人物往来社 1979)
キーワード
(Keywords)
真田 昌幸(サナダ マサユキ)
家臣
忍者
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000244343解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!