このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2016-087
事例作成日
(Creation date)
2015年08月12日登録日時
(Registration date)
2017年01月25日 16時02分更新日時
(Last update)
2017年03月15日 11時48分
質問
(Question)
「桜華帖」にある河島堤(鳥羽井堤)の位置がわかる地図資料が見たい。
回答
(Answer)
以下の資料に掲載されていたため、紹介した。
『明治前期関東平野地誌図集成』(柏書房 1989)
 p152「川越北部」右上に「鳥羽井村、堤」の表示あり。
『二万五千分一地形図集』(国土地理院 1977)
 p32「川越北部」右上に「鳥羽井 サイクリング道路」の表示あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 郷土資料を確認する
『埼玉県の地名』(平凡社 1993)
 p543 「川島大囲堤 かわじまおおがこいづつみ」
 「弘化三年(1846)荒川除堤修築を重点とした大囲堤の大改修が行われた。(略)なお、この普請を監督した川越藩郡奉行安井政章は、一番の難所といわれた荒川除堤(松永より東大塚まで)に虎尾種の桜樹を植え花の名所とし、訪れる多くの人々に踏固められるようにしたとされるが、この桜樹は明治四年(1871)に伐採された(河嶋堤桜記)。」

『荒川 人文1』(埼玉県 1987)
 p417-430 「第2節 治水と河川管理 3 築堤をめぐる諸問題 (2)荒川と川島領大囲堤」
 p425「弘化3年正月14日から郡奉行安井与左衛門政章の指揮で工事が始まり、同年4月14日完成を見た。」
 p427「なお、鳥羽井堤286間(約515m)には桜の木500本が植えられた。これは安井政章の発案で、春になると延々桜花に蔽われ、法先には柳の緑が鮮やかにして、人は群集し川島の名勝となった。このため堤防はよく踏み固められてよく保ったという。明治4年、廃藩置県に際し、これは民部大輔の命で伐採されたというが、この時桜樹1,560本、柳が約3,000本あった。」

2 地図資料を確認する(回答資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290 9版)
日本  (291 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治前期関東平野地誌図集成』(柏書房 1989), ISBN 4-7601-0489-5
『二万五千分一地形図集』(国土地理院 1977)
キーワード
(Keywords)
桜華帖
河島堤
鳥羽井堤
川島町(埼玉県)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000207321解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!