このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2006-251
事例作成日
(Creation date)
2006/09/20登録日時
(Registration date)
2007年05月25日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年10月02日 09時58分
質問
(Question)
「十訓抄(ジッキンショウ)と道徳思想」(日本精神叢書 5 印刷局 昭和15年)の著者、藤岡継平について知りたい。生年月日・出身地も調べてほしい。
回答
(Answer)
①『人物レファレンス事典 明治・大正・昭和』、②『日本史研究者事典』から生年月日は明治8(1875)年6月18日である。
③『朝日新聞 昭和14年2月9日』、④『愛媛県史 人物』、⑤『毎日新聞 昭和14年2月9日』により愛媛県生まれであることがわかる。
略歴は①、②、③、④、⑤に記述あり。
ただし④記載の生年は「明治17(1884)」となっている。
回答プロセス
(Answering process)
『日本著者名・人名典拠録 3』により没年月日(1939.2.7)がわかる。

新聞の死亡記事を確認。回答③『朝日新聞 昭和14年2月9日』、回答⑤『毎日新聞 昭和14年2月9日』に記事あり。略歴と「享年65」愛媛県出身とわかる。「国史教科書編纂の父」と呼ばれていたことがわかる。

回答④『愛媛県史 人物』p524に略歴あり。明治17-昭和14(1884-1939)55歳で死去。勲四等を受けていることもわかるが、叙勲年の記載なし。
回答③⑤と回答④の享年が違うことからさらに調査。

著作『国史地名辞典』『十訓抄と道徳思想』手がかりなし。
人名事典等『人物レファレンス辞典 3 現代編』『現代人物事典』『コンサイス日本人名事典』『日本人名大事典』『近現代日本人物史料情報辞典 1・2』『国史大辞典 15 人名索引』手がかりなし。
『昭和物故人名録 昭和元~54年』p427「~1939.2.7 65歳」とあり。
『職員録 昭和10年版』p160に記述あり。「文部省図書局編修課長」とあり。

教科書・教育関係資料
『学制百年史 資料編・記述編』『図説教育人物事典』『教科書でみる近現代日本の教育』『日本の教科書づくり』『近代日本教科書研究』『教科書の歴史』『皇国史観と国定教科書』『図説教科書の歴史』『国定教科書』『近代教科書の成立』『教科書の話題』『教科書の編纂・発行等教科書制度の変遷に関する調査研究』『教科書』(岩波新書)『教科書のあゆみ』記述なし。

勲四等を受けていることから『特別叙勲類纂 生存者 上・下』『特別叙勲類纂 死没者 上・下』『賞勲局百年資料集 上・下』『紺綬褒章名鑑』『紅・緑・藍綬褒章名鑑』を見るが記述なし。『日本紳士録 大正12年用』を調査するが手がかりなし。

《国立公文書館デジタル・アーカイブ》<藤岡継平>で検索した結果6件のうち、叙位の件は昭和11.8.17、昭和11.9.8の2件。当時の新聞を調査するが手がかりなし。

①『人物レファレンス事典 明治・大正・昭和』と②『日本史研究者事典』に生年月日と略歴あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
著作.編集  (021 9版)
特種目録  (027 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人物レファレンス事典 明治・大正・昭和』
『日本史研究者事典』
『朝日新聞 昭和14年2月9日』
『愛媛県史 人物』
『毎日新聞 昭和14年2月9日』
キーワード
(Keywords)
藤岡 継平(フジオカ ツグヘイ)(フジオカ ツグヒラ)
新聞記事索引
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000035077解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!