このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2013-057
事例作成日
(Creation date)
2013年09月05日登録日時
(Registration date)
2013年11月27日 17時57分更新日時
(Last update)
2014年02月12日 15時43分
質問
(Question)
絵本で『ウラパン・オコサ』(谷川晃一作 童心社 1999)という本があるが、ウラパン・オコサとは、どこの国の数え方なのか。もしくは作者の考えた数え方なのか。
回答
(Answer)
現物や《国会図サーチ》の抄録によると、作者が子どもの頃、聞いた話とされている。
これ以上のことは参考資料や他のインターネット検索でも確認できなかった。


(2014/02/07追記)
事例公開後の情報提供に基づき再調査したところ、「トレス海峡の西部部族の数詞」にあることが確認できた。

『未開社会の思惟 上』(レヴィ・ブリュル著 山田吉彦訳 岩波書店 1975)
p241ハッドンによる「トレス海峡の西部部族」で紹介あり。
巻末の引用書目にはHaddon「The West Tribes of Torres Staraits 」(「Journal of the Anthropological Institute 19」p303-305)とあり。
『数詞って何だろう』(加藤良作著 ダイヤモンド社 1996)
p82「トレス海峡の西部部族の数詞(今から百年ほど前のもの)が2進法の数詞であった(表21).2つの数詞urapun,okosaで数えている.」
とあり。
p83の表には「トレス海峡の西部部族の数詞」(1~6以上の数え方)が、「トレス海峡のムレイ諸島」「ブッシュマン」の数え方と比較して掲載されている。
『数詞 その誕生と変遷』(小林功長著 星林社 1998)
にも『数詞って何だろう』からの引用として同内容が掲載されている(p15)。
回答プロセス
(Answering process)
《国会図サーチ》の要約・抄録以外の情報は見当たらなかった。( http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002772136-00  国会図 2013/11/27最終確認)
「作者が子どもの頃、かずが二つしかない南の島の話を聞いた。一つがウラパン、二つがオコサ、三つがオコサ・ウラパンとかぞえる、1と2だけでかず遊び(日本図書館協会)」

第5回日本絵本賞受賞作なので「毎日新聞 2000年4月5日 23面」を確認するがあらすじのみで解説なし。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈ウラパンオコサ〉〈谷川 晃一〉で検索するが該当なし。
自館作成《児童室所蔵雑誌記事索引DB》該当なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 9版)
漫画.挿絵.児童画  (726 9版)
言語学  (801 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
数え方
谷川 晃一(タニガワ コウイチ)
絵本
数詞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
児童
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000141266解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!