このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2008-123
事例作成日
(Creation date)
2008/11/21登録日時
(Registration date)
2009年04月23日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月27日 14時42分
質問
(Question)
「柘植」(奈良県)という地名は、ヤマクワを植えたことに由来すると聞いたが、なぜヤマクワを植えたのか。
回答
(Answer)
「柘植」という地名の由来は、柘植の木が生えた地、崖地など諸説あり。ヤマクワの意味は「自然に生えている桑」であるようなので、ヤマクワが元から生えていた地という解釈が正しいと思われる。記述のあった資料を紹介する。

回答プロセス
(Answering process)
地名や地名語源、歴史関係の事典類を〈柘植〉〈つげ〉で検索した。
『地名語源辞典』p235〈つげ(柘植)〉に「古くは柘殖とかいてツミウエと読んだ字だが、それが柘植となりツゲとなまった。ツミとは山野に自然に生えている桑、つまりヤマグワのこと。」とあり。
『日本地名大事典 3 近畿』p277-278〈柘植〉に「『天武記』に「積殖」(ツミエ)、『和名抄』に「柘植郷」とある古い集落。柘の字は山桑の意。」とあり。
『古代地名大辞典 本編』p972〈つげのごう(柘植郷)(三重県伊賀町)〉に、「積殖とも書き、「つみえ」と訓み、平安中期から都介の表記が見られ、「つけ」と訓む。」とあり。
『古代地名語源辞典』p207〈つげ(都介、都家)〉に、「柘植の木が生えた地」という伝説があり、それをそのまま継承する説(吉田茂樹)もあるが付会であろう。ツゲは「継ぎ」と関係する語で「崖地」をいう称か。」とあり。ただし、伊賀の柘植が含まれるかは定かでない。
『国史大辞典 4』p975-976〈くわ〉に、「柘(つげ)はやまぐわともよばれ、山野に自生し、その木に山繭(ガ)が寄生し、それから糸を取った。」とあり。

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地名語源辞典』(山中襄太 校倉書房 1968)
『日本地名大事典 3 近畿』(朝倉書店 1967)
『古代地名大辞典 本編』(角川文化振興財団 角川書店 1999)
『古代地名語源辞典』(楠原佑介 東京堂出版 1981)
『国史大辞典 4』(吉川弘文館 1984)
キーワード
(Keywords)
奈良県-地名
柘植(ツゲ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000054130解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!