このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-094
事例作成日
(Creation date)
2007/11/16登録日時
(Registration date)
2008年04月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 14時25分
質問
(Question)
『見沼通船と小山田与清(オヤマダトモキヨ)』p33に出てくる「なまず船」とはどのようなものか。
回答
(Answer)
『日本国語大辞典 10』より〈鯰船〉とは、一般に「船首が鯰の頭のように丸くなっている小船」のことをいう。
以下、見沼通船関係資料に見られる〈なまず船〉の記述を紹介する(■は外字)。
①『浦和市史 通史編2』
p427に、「この水路で用いられた船は1隻で100俵から150俵積みの、通称「なまず船」といわれた「中平■(ナカヒラタセン)船」(似■(ニタリヒラタセン)船・荷足(ニタリ)船とも書かれる)が使用された」とあり。この他に運賃や船数などの記述あり。
p431には見沼通船に使われた船の模型写真あり。
②『新編埼玉県史 通史編 4 近世2』
p447に、「通船開業時には、似■(ニタリ)船38艘と艀(ハシケ)2艘が就航し・・・その船は「なまず船」とも称され、米100~150俵積みの小型船であった」と記述あり。
p437に、図版2-40あり。中■船(見沼通船という。長3丈4~5尺、横7尺位)
③『見沼 その歴史と文化』(浦和市立郷土博物館 1998)
p65に、「別名なまず船と呼ばれる■船が使われていた」とあり、船の大きさや船年貢に関する記述あり。p53に図版「中■船〈船鑑〉より」見沼通船で使っていたものとの注記がある。
④『国指定史跡見沼通船堀整備事業報告書』(浦和市教育委員会)
本編p51に船概念図、p114-舟の復元の写真あり。別編p19に庄之助の分甚丸の記録の中に〈なまず船〉とあり。
別編p21に江戸時代中期以降〈見沼通船において■船を俗称なまず船と称した。まさに的確である〉とあり。また、別編p28に図版〈見沼通船の中■船〉あり。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
回答プロセス
(Answering process)
『見沼通船と小山田与清』p33の記述「通船に使用された船がいわゆるなまず船といわれるもの・・・」を確認する。
国語辞典に説明があったが、百科辞典類には記述がなし。
《Google》を検索、《Wikipedia》から〈見沼通船〉に掲載されていた参考文献にあたる。
さらに〈見沼〉関係の郷土資料を探索し、いくつかの郷土資料に該当記述が見つかった。
以上を紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
海洋工学.船舶工学  (550 9版)
参考資料
(Reference materials)
『浦和市史 通史編 2』
『新編埼玉県史 通史編 4』
『見沼 その歴史と文化』(浦和市立郷土博物館)
『国指定史跡見沼通船堀整備事業報告書』(浦和市教育委員会)
キーワード
(Keywords)
通船
浦和-さいたま市-見沼通船堀
水運
水路誌
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-新編埼玉県史-解決
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000043372解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!