このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-106
事例作成日
(Creation date)
2015/10/22登録日時
(Registration date)
2015年12月04日 11時45分更新日時
(Last update)
2016年01月19日 09時39分
質問
(Question)
阿波・徳島の民話「猿婿入り」などに出てくる庚申講、お庚申と猿の関係が知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『日本昔話事典』(稲田浩二〔ほか〕編 弘文堂 1994)
 p317「庚申講」の項 「庚申講が申待と書かれたことから申の信仰と重なり,申を神使とする日吉山王二十一社の信仰と結びついた。(後略)」とあり。
 索引によると「猿聟入」は徳島県だけでなく、日本各地に伝承が確認できる昔話である。
『猿よもやま話 サルと日本の民俗』(飯田道夫著 評言社 1973)
 「庚申さん」の章あり。庚申の申から申に転じたとの説が紹介されている。

参考資料
『庚申信仰』(平野実著 角川書店 1969)
『庚申 民間信仰の研究』(庚申懇話会編 同朋舎出版 1978)
『庚申信仰 庶民宗教の実像』(飯田道夫著 人文書院 1989)
『庚申信仰』(窪徳忠著 山川出版社 1971)
『庚申信仰の研究 上・下』(窪徳忠著 原書房 1980)
回答プロセス
(Answering process)
徳島の民話を調べる。
『語りによる日本の民話 4 阿波池田の民話』(日本民話の会責任編集 国土社 1987)
 p72「お猿婿さん」注釈に「1お庚申さん=庚申会の祭神、青面金剛、帝釈天など」とあり。お庚申さんに雨乞いをしたら、猿が雨を降らせた代わりに娘を嫁にもらいに来る、という内容。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本昔話事典』(稲田浩二編 弘文堂 1994)
『猿よもやま話 サルと日本の民俗』(飯田道夫著 評言社 1973)
キーワード
(Keywords)
庚申信仰
徳島-民話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000185090解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!