このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001006215
事例作成日
(Creation date)
2014/11/26登録日時
(Registration date)
2015年04月13日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年04月13日 00時30分
質問
(Question)
クロガネモチの名前の由来、花言葉を知りたいです。
参考資料もあわせて教えてください。
回答
(Answer)
<名前の由来など>
●『樹に咲く花 第2版 離弁花 2 山渓ハンディ図鑑 4』 
(山と渓谷社 2001.9) 【477/4N】
p.474  モチノキ属 分布は本州(関東地方・福井以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮半島、中国、台湾。 常緑高木。高さ10m、まれに20メートルに達する。樹形、花、葉、実樹皮等の写真あり。
名前の由来は「樹皮から鳥もちがとれ、葉柄や本来枝が紫色を帯びることから黒金黐の名がついた。」とあります。

●『散歩道の木と花 ハンディ図鑑』(金田洋一郎/著 講談社 2012.2)【470.3/98N】
p.103 「名は紫色の若い枝を黒鉄に見立てモチノキに似ることから。『金持ち』に通じるので縁起木とされる」

●『木の大百科 解説編』 (平井信二/著 朝倉書店 1996.11)【653.2/65N】
p.432ー433
名称と分布の項には、「クロガネモチは常緑高木で、学名はIlex rotunda THUNBERGである。クロガネモチは黒鉄モチで、葉が乾くと黒褐色になるからという。」とあります。
植物学的な概要と材の組織、性質と利用などが記述されています。

●『図説 花と樹の大事典』(植物文化研究会/編 柏書房 1996.2)【470.3/39N】
p.162 別称として、フクラシバ、フクラモチ、クロガネノキ
方言としては、オンジモチ(千葉)、モチ(静岡、広島、島根)、イヌモチ(静岡、高知)、テラッパ(三重、奈良)、アオキ(和歌山、山口、高知、愛媛)、イモクソ(宮崎、熊本、鹿児島)、シロキ(高知、大分、鹿児島)
材は櫛や印鑑に使われるとのことです。

●『原色樹木大図鑑』(北隆館 1985.5)【866/115】
p.454 花、実、樹形の図版があります。英名は「Holly」、漢字表記は「黒鉄黐」

●『APG原色牧野植物大図鑑 Ⅱ』(牧野富太郎/著 北隆館 2013.3)【470.3/99N/2】
p.610 図版あり

<花言葉>
●『誕生花 わたしの花あの人の花』(北脇栄次/著・監修・写真 いしずえ 2004.4)【627/116N】 
p.396 「くろがねもち」は12月19日の誕生花で、花言葉は「魅力、寛容」とあります。

[事例作成日:2014年11月26日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
被子植物  (479 8版)
参考資料
(Reference materials)
樹に咲く花 離弁花2 茂木/透∥写真 山と渓谷社 (474)
散歩道の木と花 金田/洋一郎∥著 講談社 (103)
木の大百科 解説編 平井/信二∥著 朝倉書店 (432-433)
図説花と樹の大事典 植物文化研究会∥編 柏書房 (162)
原色樹木大図鑑 北隆館 (454)
APG原色牧野植物大図鑑 2 [牧野/富太郎∥著] 北隆館 (610)
誕生花 北脇/栄次∥著・監修・写真 いしずえ (396)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000170764解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!