このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2019-033
事例作成日
(Creation date)
2018/08/01登録日時
(Registration date)
2020年03月04日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年03月04日 10時20分
質問
(Question)
古い文献に、くずし字で「みとこし」と読めるものがあるが、それは、どのような着物の事なのかを知りたい。
回答
(Answer)
「みとこし」という、着物の柄は、見つかりませんでした。
ただ、着物の柄で「みそこし(味噌漉)」というものがあります。味噌漉しのように小柄の格子縞を地文様とし、所々に太い縞を経緯に配した柄をいうようです。(参考:『文様の事典』)
 
「みそこし」でよろしければ、以下の資料に記載があります。 
 〇『きもの文様事典』 本吉春三郎/著 婦人画報社 1979年
 〇『文様の事典』 岡登貞治/編 東京堂出版 1989年
 〇『染織事典』 中江克己/編 泰流社 1993年
 〇『原色染織大辞典』 淡交社 1977年
 〇『きもの文様図鑑』 木村孝/監修 ハースト婦人画報社 2012年
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料の内容確認
 〇『きもの文様事典』 本吉春三郎/著 婦人画報社 1979年
   P215「みそこしじま 味噌漉縞」の項あり。
      「細く削った竹で篩(ふるい) の形の編み、味噌を漉す味噌漉しのように細い経緯縞のこと。ところどころに太い縞が入る。江戸時代に織られたものであるが、現在でも男物に使用される。」との記載あり。
 
 〇『文様の事典』 岡登貞治/編 東京堂出版 1989年
   P281「味噌漉縞 みそこしじま」の項あり。
      「縞柄の一種。小柄の格子縞を地文様とし、所々に太い縞を経緯に配した竪横縞をいう。外観が味噌漉の笊ににているのでこの名が生まれた。江戸時代末期から織りだされ、初めは縮緬に応用されたが、後には色々の織物にも用いられ、浅黄地に紺縞のものが多く、主として婦人の袷や綿入に使用された。」との記載あり。
 
 〇『染織事典』 中江克己/編 泰流社 1993年
   P381「味噌漉縞 (みそこしじま)」の項あり。
      「縞柄の名称。細かい縦横縞を地とし、ところどころに太い縞を経緯に配した格子柄。味噌漉の網目ににるのでこの名がある。嘉永年間(1624~1644)に織りはじめられたもので、当時は浅黄地に紺色で縞柄をあらわしたものが流行、主として女物であった。現在では主に男物にみられる柄である。」との記載あり。
 
 〇『原色染織大辞典』 淡交社 1977年
   P1068「みそこしじま 味噌漉縞」の項あり。
      「縞柄の名称。細かい縦横縞を地とし、所どころに太い縞を経緯に配した縞柄。(以下省略)」との記載と、縞柄の図版あり。
 
 〇『きもの文様図鑑』 木村孝/監修 ハースト婦人画報社 2012年
   P115「味噌漉縞 (みそこしじま)」の項あり。
      「細かい、小柄の格子縞の所々に太い縞が縦横に入っています。細く削った竹で編んだ味噌漉しの形に似ているのでこの名があり、江戸時代から織られました。(以下省略)」との記載と、縞柄の図版あり。
 
 △『近世のシマ格子』 広岩邦彦/著 紫紅社 2014年
   P119-120「碁盤嶋を重ねる」の項に「(前略) 18世紀後半にはどうなるか。図45の碁盤嶋は、もっと複雑なものへ移行している。遊女に付き添う男は、遊女を飾るために目立つ木綿嶋を着る。太い線筋でつくる格子の空間に、小さな格子柄を詰め込んでいる。柄は小さくなる方向へ動き、18世紀末にはさらに縮めて、味噌の塊を砕くザルに見立てて「味噌こし嶋」と呼ぶことになる。」との記載あり。
 
 ×『日本の伝統染織事典』 中江克己/著 東京堂出版 2013年
 ×『江戸時代生活文化事典 下』 長友千代治/編著 勉誠出版 2018年
 ×『染め織りめぐり』 木村孝/監修 JTB 2002年
 ×『日本の伝統的織りもの、染めもの』 三宅和歌子/著 日東書院本社 2013年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
グラフィックデザイン.図案  (727 9版)
参考資料
(Reference materials)
きもの文様事典 本吉春三郎/著 婦人画報社 1979 753
文様の事典 岡登貞治/編 東京堂出版 1989.9 727 4-490-10262-3
染織事典 中江克己/編 泰流社 1993.4 753.033 4-8121-0022-4
原色染織大辞典 淡交社 1977 753.033
きもの文様図鑑 木村孝/監修 ハースト婦人画報社 2012.2 753 978-4-573-02215-7
キーワード
(Keywords)
文様
味噌漉縞
文様
染織
碁盤嶋
縞柄
格子柄
着物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000275143解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!