このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2014-007
事例作成日
(Creation date)
2014/02/14登録日時
(Registration date)
2014年05月02日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年05月02日 11時56分
質問
(Question)
飛鳥時代の絹織物(錦)で、「大子間どう」について調べたい。
回答
(Answer)
お問い合わせの言葉は「太子間道」と書き、「たいしかんとう」と読むようです。
以下の資料に記載がありました。
 〇『染織事典 』 中江克己/編 泰流社 1993年
 〇『原色染織大辞典 』 淡交社 1977年
 〇『被服学辞典』  阿部幸子/[ほか]編集 朝倉書店 1997年
 〇『仏教美術事典』 中村元/監修 東京書籍 2002年
回答プロセス
(Answering process)
1所蔵資料の内容確認
 〇『染織事典 』 P251「太子間道(たいしかんとう)」の記載あり。「(1)飛鳥時代に中国の広東から運ばれた絹織物で「広東錦幡」とも称する。…」「(2)名物裂の一。室町末期から桃山時代に輸入された同系統の裂。…」
 〇『原色染織大辞典 』 P643「たいしかんとう 太子間道」の記載と写真あり。「現存する最古のものは、経糸を約五色に染め分けた平織の経絣の錦で、聖徳太子が、勝鬘経講讃(しょうまんぎょうこうさん)の時、幡に使用したとの伝承がある。…中略… 名物裂の太子間道は室町時代末期から桃山時代に輸入された同系統の裂。インド東海岸、インドネシアのスンバ裂を思わせる赤地に多彩な経絣。太子は聖徳太子の意ではなく、同時代の茶人太子屋宗有ともいう。間道の名があるが縞物ではなく錦。」
 〇『被服学辞典』 p253「太子間道 たいしかんとう」の記載あり。
 〇『仏教美術事典』 p539「太子間道 たいしかんとう」の記載あり。

2記載のなかった資料は以下のとおり
 ×『日本の染織19 名物裂』 切畑健著 花林舎 1994年
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
参考資料
(Reference materials)
染織事典 中江克己/編 泰流社 1993.4 753.033 4-8121-0022-4
原色染織大辞典 淡交社 1977 753.033
被服学辞典 阿部幸子/[ほか]編集 朝倉書店 1997.7 593.033 4-254-62009-8
仏教美術事典 中村元/監修 東京書籍 2002.7 702.098 4-487-73159-3
キーワード
(Keywords)
太子間道
たいしかんとう
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000152876解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!