このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
所沢市立所沢図書館 (2310110)管理番号
(Control number)
所沢本-2021-004
事例作成日
(Creation date)
2020/03/10登録日時
(Registration date)
2021年05月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年05月29日 11時00分
質問
(Question)
『所沢市史 上』p321に載っている「武蔵野合戦」について参考文献を探している。
回答
(Answer)
以下の資料に記述があります。
 〇『新田一門史』 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1975年
 〇『新田一門史 続』 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1980年
 〇『武蔵野 合本2』 武蔵野会/編 原書房 1971年
 〇『武蔵野 合本7』 武蔵野会/編 原書房 1972年
 〇『武蔵武士と戦乱の時代』 田代脩/著 さきたま出版会 2009年
 〇『所沢史話』 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974年
 〇『所沢の歴史と地理』 内野弘/著 内野乃布/発行 1985年
 〇『新説武蔵国の国道伊利麻路』 大野七三/著 批評社 2003年
 〇『新田義貞鎌倉攻めと徳蔵寺元弘の板碑』 大多和晃紀/編著 東村山市教育委員会 1999年
 〇『新田三兄弟と南朝』 久保田順一/著 戎光祥出版 2015年
 〇『新田義貞』 山本隆志/著 ミネルヴァ書房 2005年
 〇『所沢市史 文化財・植物』 所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1985年
 〇『鎌倉街道周辺の文化財解説集』 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会/編 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会 2012年
回答プロセス
(Answering process)
1所蔵資料の内容確認
 『所沢市史 上』 所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1991年
  p319~「三 新田吉宗・義興の挙兵と武蔵野合戦」あり。「高麗原で新田・足利両軍の衝突があり、また入間河原でも戦いがあった。おそらく新田軍が小手指ヶ原で敗れて、入間河原から高麗原へ退却したのだろう。(中略)この後、笛吹峠で戦いがあり、義宗は越後へ落ちてゆく。(中略)この一連の戦いを武蔵野合戦と呼ぶ。」との記載あり。
 〇『新田一門史』 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1975年
  p81~99「新田一門挙兵」の章あり。
  p161~新田一門祖裔記 新田義貞が挙兵した時に従った武将たちの末裔について記述あり。
 〇『新田一門史 続』 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1980年
  新田義貞が挙兵した時に従った武将たちの末裔について記述あり。
 〇『武蔵野 合本2』 武蔵野会/編 原書房 1971年
  「武蔵野」第五巻第貳号 大正11年9月
  p46~50「武蔵野合戦と石濱」資料編纂官 八代國治
 〇『武蔵野 合本7』 武蔵野会/編 原書房 1972年
  「武蔵野」第十六巻第三號 昭和5年9月
  p36~53「武蔵野合戦」故 八代國治
 〇『武蔵武士と戦乱の時代』 田代脩/著 さきたま出版会 2009年
  p85~87「武蔵野合戦の展開」に記述あり。
 〇『所沢史話』 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974年
  p57~59「武蔵野合戦」に記述あり。
  p59~61「鼠薬師(伝説)」に新田義宗に関わる伝説について記述あり。
 〇『所沢の歴史と地理』 内野弘/著 内野乃布/発行 1985年
  p36~38 第一部第二節「小手指ヶ原の戦」に記述あり。
 〇『新説武蔵国の国道伊利麻路』 大野七三/著 批評社 2003年
  p76~「武蔵国小手指ヶ原の合戦」に記述あり。
 〇『新田義貞鎌倉攻めと徳蔵寺元弘の板碑』 大多和晃紀/編著 東村山市教育委員会 1999年
  p84~ 「第四日 小手指原合戦(5月11日・太陽暦7月1日)」の記述あり。
 
2後日調査の追加事項
 〇『新田三兄弟と南朝』 久保田順一/著 戎光祥出版 2015年
  p102~127 「第四章 運命の武蔵野合戦」に記述あり。
 〇『新田義貞』 山本隆志/著 ミネルヴァ書房 2005年
  p70~72 「小手指原の合戦」に記述あり。
  p278~279 「武蔵野合戦敗北後の衰退」に記述あり。
 〇『所沢市史 文化財・植物』 所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1985年
  p39~42 「12.小手指ヶ原古戦場」に記述あり。
 〇『鎌倉街道周辺の文化財解説集』 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会/編 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会 2012年
  p27~29 「笛吹峠合戦」に武蔵野合戦最後の決戦地である笛吹峠合戦の記述あり。小手指原の合戦についての記述はなし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
新田一門史 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1975.10 288.3
新田一門史 続 藪塚喜声造/編著 薮塚喜声造 1980 288.3
武蔵野 合本2 武蔵野会/編 原書房 1971 213.6
武蔵野 合本7 武蔵野会/編 原書房 1972 213.6
武蔵武士と戦乱の時代 田代脩/著 さきたま出版会 2009.11 213.4 978-4-87891-097-5
所沢史話 内野弘/著 所沢市教育委員会 1974.3 213.4
所沢の歴史と地理 内野弘/著 内野乃布/発行 1985.3 213.4
新説武蔵国の国道伊利麻路 大野七三/著 批評社 2003.11 213.4 4-8265-0380-6
新田義貞鎌倉攻めと徳蔵寺元弘の板碑 大多和晃紀/編著 東村山市教育委員会 1999.8 213.4
新田三兄弟と南朝 久保田順一/著 戎光祥出版 2015.7 288.3 978-4-86403-169-1
新田義貞 山本隆志/著 ミネルヴァ書房 2005.10 289.1 4-623-04491-2
所沢市史 文化財・植物 所沢市史編さん委員会/編 所沢市 1985.3 213.4
鎌倉街道周辺の文化財解説集 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会/編 地域に遺る文化財を活用した地域振興事業実行委員会 2012.2 709.134
キーワード
(Keywords)
小手指ヶ原の戦い
武蔵野合戦
新田義宗
新田義興
新田義貞
足利尊氏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000299459解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!