このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000175597
提供館
(Library)
新潟市立中央図書館 (2210022)管理番号
(Control number)
新市図-01464
事例作成日
(Creation date)
2012.05.26登録日時
(Registration date)
2015年06月09日 00時30分更新日時
(Last update)
2015年06月09日 00時30分
質問
(Question)
昭和初期~中期に,電話をかけると一旦交換手に繋がれた。その交換手が仕事をしている様子(交換手室)の写真が見たい。
回答
(Answer)
(1)『21世紀こども百科もののはじまり館』(小学館 2008)p134~135を提供。
回答プロセス
(Answering process)
請求記号694通信および事典類を館内ブラウジング。
(1)『21世紀こども百科もののはじまり館』(小学館 2008)p134~135
「日本初の電話交換室」として4×6.5cm程度の写真1枚。女性が働く電話交換室の写真もあり(3.5×7cm)
その他,図書館情報システムから「電話」「電信」「交換手」などをキーワードに適宜組み合わせ,取り寄せて確認。下記資料に記載はあったが,(1)の資料以上に鮮明に載っていなかった。
(2)『信越の電信電話100年のあゆみ』(信越電気通信局 1970)
小さくて見にくいが写真の記載あり。
(3)『日本人の20世紀・くらしのうつりかわり』8(宮田利幸 小峰書店 2000)
明治の交換台で1人のみ写っているので該当せず。
その他、調査したが記載のなかった資料は下記の通り。
(4)『激動の昭和を見る』1~3(世界文化社 2005)
(5)『カラーでよみがえるにっぽん60年前 愛蔵版』(毎日新聞社 2005)  
(6)『21世紀こども百科歴史館:増補版』(小学館 2002) 
(7)『もし電話がなかったら』(佐藤卓二 筑摩書房 1986)
(8)『通信と地域社会』(藤井信幸 日本経済評論社 2005)  
(9)『日本人とてれふぉん:明治・大正・昭和の電話世相史』(NTT出版 1990)  
(10)『通信の歴史:理科電話の実験的考察』(鬼塚 史朗 東京図書出版会 2007) 
(11)『日本の生活100年の記録』1(ポプラ社 2000)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電気通信事業  (694 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
電話
交換手
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000175597解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!