このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106928
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20120319/1083
事例作成日
(Creation date)
2012年03月19日登録日時
(Registration date)
2012年06月07日 11時02分更新日時
(Last update)
2012年06月07日 11時02分
質問
(Question)
関鑑子訳詞「収穫の歌」が載っている資料はないか。
回答
(Answer)
関鑑子編著『青年歌集 第2篇』音楽センター 1961(767.6/38/2)p90に歌詞(日本語)、p91に楽譜が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
歌自体は、「責任表示=関鑑子」で蔵書検索してすぐ見つけられたが、質問者によると、訳詞には二種類あり、二番の歌詞が「朝から日暮まで」となっているものと「朝から昼まで」となっているものがあり、原詩ではどちらか知りたい、とのことだった。『青年歌集 第2篇』は「朝から日暮まで」だった。
音楽の分類で「ロシア」「ソビエト」「ソヴィエト」「ソ連」をキーワードに資料を探したが、ロシア語の歌詞は見つけられなかった。
次に、作詞者のイサコフスキーに関する資料はないか、と訊かれたのでまず自館の蔵書検索をすると、
イ・エレンブルグ〔ほか〕著『作家の仕事 中』青木書店 1956(081.6/83/274)がヒットした。
エム・イサコフスキーの「詩の秘密について」「ソ同盟の大衆的歌曲について」「歌曲をつくる仕事」が収録されていて、詩も数編載っていたが、求める情報はなかった。
結局、「収穫の歌」の入ったCDを探して、訳詞がどちらになっているか確認する、ということになった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
声楽  (767 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
関鑑子
「収穫の歌」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
音楽
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000106928解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!