このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-R1-016
事例作成日
(Creation date)
2019年11月1日登録日時
(Registration date)
2019年11月01日 16時30分更新日時
(Last update)
2020年10月02日 13時13分
質問
(Question)
福島県二本松城跡に製糸工場ができた経緯を知りたい。
回答
(Answer)
前橋製糸所設立を担当した速水賢曹の指導のもと、広く平らな土地として二本松城址が適当とされた。安斉宇兵衛、小野市兵衛等が政府に二本松城址の土地払い下げを願い出、明治6年払い下げを受け、製糸工場が設置された。
回答プロセス
(Answering process)
・福島県の歴史、明治初期の歴史関連の棚で資料を探す。
 『福島県の歴史 第2版』 丸井佳寿子/(他)著 山川出版社 2009 【s29885944 212.6】
 p274 二本松製糸工場の設立についての記述はあるが、城址にできた経緯については無し。
 『明治大正人物事典 1 政治・軍事・産業篇』 日外アソシエーツ 2011 【s29889912 R281】
 p643 “山田脩(おさむ)”の項(上記資料より)に、製糸工場の設立については記述があるが、場所については無し。
 『明治時代史大辞典 3』 宮地正人/編 佐藤能丸/編 櫻井良樹/編 吉川弘文館 2013 
【s30933089 R210.6】
 p84 “二本松製糸会社”の項あり。速水賢曹の指導により設置場所を決めたとあり。

・神奈川県立図書館OPACにて“福島県史”“二本松市史”を検索する。下記資料を神奈川県立図書館より取寄せる。
 『福島県史 12 近代資料編』 福島県 1966
 p188 「安達郡の製紙業」についての資料で、山田脩の双松館の創業履歴はあるが、二本松製糸会社については無し。
 p338 (三二)(1)「二本松製糸会社創業以来之手続並利害損失取調」あり。安斉宇兵衛、小野市兵衛等が旧城址の払下げを願い出たとあり。
 『福島県史 4 近代1』 福島県 1971
 p268 二本松製糸工場についての記述あり。「二本松藩旧城地を明示6年に払下げをうけ」とあり。城址跡地になった経緯は無し。
 『二本松市史 2 近代現代』 二本松市 2002
 p83-86「第5節 二本松製糸工場」の項あり。「工場は旧二本松藩城跡地を払下げをうけ、荒れ蕪地を開墾し」とあり。城址跡地になった経緯は無し。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
『福島県の歴史 第2版』 丸井佳寿子/(他)著 山川出版社 2009
『明治大正人物事典 1 政治・軍事・産業篇』 日外アソシエーツ 2011
『明治時代史大辞典 3』 宮地正人/編 佐藤能丸/編 櫻井良樹/編 吉川弘文館 2013
『福島県史 12 近代資料編』 福島県 1966
『福島県史 4 近代1』 福島県 1971
『二本松市史 2 近代現代』 二本松市 2002
キーワード
(Keywords)
二本松城址
二本松製糸工場
二本松製糸会社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263316解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!