このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
新潟県立図書館 (2110024)管理番号
(Control number)
新県図-01182
事例作成日
(Creation date)
2009年06月16日登録日時
(Registration date)
2011年10月12日 13時43分更新日時
(Last update)
2011年12月27日 12時28分
質問
(Question)
新潟市中央区西堀の寺町に関する地図・写真・資料はないか。
回答
(Answer)
1.地図
一枚ものの地図は、以下のとおりです。
なお、西堀だけの地図は所蔵していません。新潟町(旧新潟市)全域の地図です。
(1)『新潟町屋敷銘々名前附絵図』(宝暦初(1751)頃? 写 当館請求記号:000/334)
(2)『北越新潟湊町家略図』(享和元年(1801) 写 000/別11)
(3)『新潟図』(天保頃(1830-1843)? 写 000/別12)
(4)『新刊新潟全図』(藤沢秋陽編 明治3(1870)刊 000/289)
(5)『細見案内絵図新潟美知の枝折』※(石附熊太郎編 生田半治郎 明治10(1877)刊 N2*13/I84)
(6)『新潟区全図』※(小林二郎 明治16(1883)刊 NM213/F67)
(7)『新潟区全図』※(明治12(1879)~明治19(1886)頃 写 000/97)
(8)『新潟市商業家明細全図』(沢井清次郎 明治29(1896)刊 NM213/Ko97)
(9)『新潟市実測図』再版(精華堂 明治32(1899)刊 000/160)
(10)『新潟市全図』(酒井勘之助 明治34(1901)刊 NM213/Sa29)
(11)『新潟市全図』※(名古屋佐吉 大正6(1917)刊 NM213/N72)
(12)『新潟市全図』(万松堂支店 大正7(1918)刊 NM213/N84)
(13)『新潟市地図 羽越線全通記念博覧会』※(大正13(1924)刊 NM213/N72)
(14)『最近の新潟』(新潟港務所 大正年間刊 000/354)
(15)『新潟市図』(新潟商工会議所 昭和4(1929) NM213/N72)
(16)『最新新潟市全図』(佐藤絵葉書書店 昭和11(1936)刊 NM213/N72)
(17)『最新新潟市全図』(佐藤絵葉書書店 昭和14(1939)刊 NM213/N72)
(18)『新潟市街図』(富士波出版社 昭和40(1965)刊 NM213/F65)
(19)『精密新潟市街地図』(塔文社 昭和42(1967)刊 NM213/To14)
*1970年代以降および地図帳(住宅地図など)は省略。
*タイトルの後ろに※のあるものは、当館ホームページ「越後・佐渡デジタルライブラリー」にあり。
これらの地図の中は傷みがひどく複写不可・閲覧不可のものがあります。
また、復刻版がでているものもあります。

2.写真
当館所蔵の写真集その他で西堀の写真は数枚確認できましたが、寺の出ているいわゆる寺町らしい写真は見つけられませんでした。

3.資料
(1)図書
以下の資料に寺町についての記述があります。
『新潟市史 通史編』1(新潟市 1995 当館請求記号:N2*13/N727/T-1)p218~222 「古新潟町」
『新潟市史』上巻(新潟市 1934 N213/N72/1)p31~32 「寺町通新田」
『新潟市史』下巻(新潟市 1934 N213/N72/2)p46~50 「寺院 概説」
『わが町の歴史新潟』(文一総合出版 1979 N213/8)p48~51 「寺町の成立」
『新潟の街 歴史散歩』(新潟日報事業社 1978 N213/6)p63~65 「西堀通」
『新潟古老雑話』(新潟温古会 1933 N213/Ka16)p15~17 「蒲原浄光寺沿革」「寺一つに橋一つ」
『新潟かわらばん』(鳥屋野出版 1988 N2*13/Sa72)p42~43 「四百年の歴史を秘めた新潟の寺町」p156~158 「瑞光寺と西堀通」

各寺院の由来についての資料は以下のとおりです。
『新潟寺社古来記』※(寿教(写) 文化4(1807) 当館請求記号:001/20)
※当館ホームページ「越後・佐渡デジタルライブラリー」にあり。
『新潟市寺院案内』(文松社出版部 1936 N185/W46)
『寺院』第1[新潟市文化財調査報告書](新潟市教育委員会 1980 N185/6/1)
『寺院』第2[新潟市文化財調査報告書](新潟市教育委員会 1984 N185/6/2)
『寺院』第3[新潟市文化財調査報告書](新潟市教育委員会 1988 N185/N727/3)
『寺院』第4[新潟市文化財調査報告書](新潟市教育委員会 2003 N185/N727/4)

(2) 雑誌論文
下記の論文は新潟町の移転に関する論考で、寺町成立についても述べられています。
「新潟町の移転について」新潟市史編さん近世史部会(『市史にいがた』6(1990) p4~20所収)
「新潟町の移転 『新潟市史』に対する反論」小川敏偉(『郷土新潟』44(2004) p59~70所収)
「新潟町の成立についての再論」小村弌(『郷土新潟』46(2006) p42~61所収)
「新潟町の移転について 反論への反論」 南憲一(『郷土新潟』46(2006) p62~78所収)
「再論『新潟町の移転』 町民は何故逃亡しなかったのか」小川敏偉(『郷土新潟』47(2007) p57~66所収)
「『新潟町の移転』に関する論争を終結するにあたり 「史料」または「資料」の評価と解釈」小川敏偉(『郷土新潟』48(2008) p52~66所収)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
北陸地方  (214 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
新潟市の寺町の歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000092190解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!